日光白根山2578m   

      群馬県利根郡片品村    ROUTE

      関越自動車道沼田インターから国道120号線に入り、丸沼高原菅沼登山口へ。 

      2009/6/7 晴れ     MAP

      コースタイム   登り  登山口‐(90分)‐弥陀ヶ池‐(60分)‐山頂           合計 2時間30分
                 下り  山頂‐(40分)‐弥陀ヶ池‐(70分)‐登山口           合計 1時間50分 

      登山口と最寄りの道の駅とは30kmほど離れているので、登山口で宿泊した。
      地図では100台止められる駐車場があるようなので安心していたら、夜はロープが張られ止められない。
      道の駅に引き返すのも面倒なので、登山口入口の空き地に駐車して車中泊。
      他に車はなかったが、夜遅くに1台入ってき、朝4時に目を覚ますと4台に増えていた。

      6時30分:朝食を済ませて出発。 標高は1740m。  
   
      登山道に入ると、明るい樹林帯の道が続く。
      急登もあるがすぐにトラバース道の繰り返しなので疲れない。 
      進につれて残雪の道になるが、踏み跡がしっかりしていて迷うことはない。 
   
      8時:弥陀ヶ池に到着。池沿いの広場で少し休憩して出発。  
   
      コバイケイソウもシャクナゲもまだ咲いていない。 
   
      シャクナゲ林を過ぎると直登のガレ道が続くが、傾斜はそれほどきつくない。 
   
       9時10分:ゴツゴツした岩塊の山頂に到着。  
 
   
   
      眼下には五色沼、その向こうには男体山と中禅寺湖。残念ながら遠くの景色は雲が多く見えない。
      それにしてもドンドン人が増えてくる。昨日の武尊山とは違って人が多い。
      10時30分:天気が良く風もないので山頂でゆっくり過ごして下山。 
   
      弥陀ヶ池とその向こうに菅沼を見ながら下りて行く。
      11時10分:弥陀ヶ池に到着。 
   
      弥陀ヶ池の畔で女子高生らしき一団が100人ほど休憩していた。
      途中で100人ほどとすれ違ったので200人位登ってきているようだ。手軽にこういう山に登れる環境は羨ましい。 
      五色沼へ行けば白根葵が咲いているようだが、明日もあるのでもう一度山頂に別れを告げて下山。  
   
      12時30分:登山口に到着。登山口付近は車であふれていた。  
   
      2500mを超える高山の風格があるのに登り易い山だった。
      武尊山は人が少なかったが、ここは日曜日とはいえ大勢で賑わっていた。 
   
 6/6武尊山     6/8谷川岳     6/9−10苗場山     6/11赤城山 
   
  関東・甲信越の山へ