甲斐駒ヶ岳2967m  

      長野県南アルプス市      ROUTE

      中央自動車道伊那インターから国道361号、152号を通り戸台口市営バス駐車場へ。
      無料駐車場に駐車し、片道1300円の市営バスで北沢峠へ。  

      2009/8/19 晴れ        MAP

      コースタイム 登り 北沢駒仙小屋‐()‐60分仙水峠‐(90分)‐駒津峰‐(90分)‐山頂       合計 4時間
               下り 山頂‐(60分)‐駒津峰‐(30分)‐双児山‐(90分)‐北沢駒仙小屋         合計 3時間 

      前日8時ごろに眠り、10時ごろ目が覚めたら雨が降っていた。
      また眠り、1時ごろ目を覚ましたら雨はやんでおり、朝4時に起きると青空になっていた。

      5時20分に北沢駒仙小屋を出発。駒仙小屋の前を通り、北沢沿いに登って行く。 
      沢沿いのシラビソ林を30分歩くと仙水小屋。小さなテント場もある。 
   
      沢沿いを離れると岩塊の斜面が現れ、歩きにくい石ころの上を進んでいく。
      6時20分:仙水峠に到着。標高は2264mなので高度は稼げていない。
      目の前に摩利支天とその向こうに山頂が大きく見えた。ここから3時間もかかるとは思えない近さに見える。  
   
      小休止して出発。今までの平坦な道が一転していきなり急登が始まる。
      30分ほど我慢して登っていくと少し楽になる。 
   
      1時間ぐらい歩くと高木が少なくなり、時折花が目を楽しませてようになる。 
   
      7時50分:駒津峰2750mに到着。
      標識の向こうには鋸岳と、その奥には北アルプスも見えるが写真でははっきりしない。 
   
         前方に白く輝く駒ヶ岳の山頂が大きく姿を現している。 
 
         駒ヶ岳の右手には栗沢山と、その右奥に鳳凰三山、左奥に北岳と南アルプスの山並み。
         そして、その右手前には仙丈ヶ岳。 
          鳳凰三山                 栗沢山         北岳 間の岳 塩見岳                     仙丈ヶ岳 
 
      8時20分:駒津峰を出発。六方石を過ぎると直登ルートと巻き道とに分かれるが、楽そうな巻き道を選ぶ。 
   
      頂上を見上げながら巻いて行く。
      風化した花崗岩の道で滑りやすい。天気の悪い日は道を失ったり滑ったりするかもしれない。 
   
       摩利支天を見下ろす。        あと5分で山頂。
   
      9時20分:意外に広い山頂に到着。すでに大勢の人で賑わっている。 
   
       かなり雲が湧き上がってきたが、南側の展望はまだ大丈夫だ。 
 
      9時50分:しばらく眺望を楽しみ同じ巻き道を下山。 
      10時50分:駒津峰で30分ほど昼食休憩して双児山ルートから下山。前方の 仙丈ヶ岳にもかなり雲がかかってきた。 
   
      12時:双児山2649mに到着。
      ここからは樹林帯の急坂を一気に下って行く。 
   
      13時:北沢峠バス停前の大勢の人がバスを待っているところに下山。  
   
      仙丈ヶ岳と同じ登り4時間、下り3時間の行程だったが、こちらの方がハードで疲れは大きかった。
      急登や岩場の道が多く花も少ないためだろう。
      しかし、山頂に着いた時の達成感もこちらの方が大きかった。 

      テントを撤収し、16時の最終バスで北沢峠を後にした。 
   
 2009/8/18(仙丈ヶ岳)
   
  中央・南アルプスへ