武奈ヶ岳1214m  

      滋賀県大津市葛川坊村      ROUTE

      名神自動車道京都東インターから国道161号線(湖西道路)に入り、真野インターで国道477号、367号へと
      進み、明王院付近の駐車場へ。  

      2010/9/26 晴れ     MAP 

      コースタイム 登り 明王院前登山口−(120分)−御殿山−(40分)−武奈ヶ岳山頂        合計 2時間40分
               下り 武奈ヶ岳山頂−(25分)−ワサビ峠−(30分)−中峠−(60分)−沢筋−
                  (50分)−牛コバ−(15分)−伊藤新道出合−(30分)−駐車地点        合計 3時間40分  

      山仲間11人で坊村から武奈ヶ岳に登った。

      朝6時に高砂を出発し、3時間かかって坊村に到着。
      国道を挟んで向こう側や明王院に駐車場があるが、8月に沢登りに来たメンバーが勝手を知っていて、
      一番手近な下山口の駐車スペースに駐車。

      9時20分:明王院前の御殿山コース登山口を出発。標高は約320m。  
   
      いきなり植樹林の急登が続く。1時間ほど歩くと明るい自然林になるが、相変わらず急登は続く。   
   
      標高800mぐらいから道はなだらかになり、11時10分 、御殿山1097mに到着。
      ここでようやく展望が開けた。 
   
          前方には武奈ヶ岳山頂が近い。 
 
      少し下って鞍部のワサビ峠を越えて西南陵へ。 
   
      快適な尾根道を登っていくと山頂が近づいてくる。  
   
      11時55分:武奈ヶ岳山頂に到着。
      広い山頂には、すでに大勢の人が眺望を満喫していた。  
   
       少し霞んだ琵琶湖が目の前に広がっている。 
 
      13時:風もなく穏やかな山頂でゆったりと1時間過ごしてから下山。
      ワサビ峠まで同じ道を引き返して、中峠への分岐を下っていく。 
   
      10分ほどで沢筋にぶつかったが、ここが難行苦行の末、9時間かかってここまで登ってきた沢登りの終点とのこと。
      14時:沢から少し登り返すと中峠。  
   
       しばらくの間きれいなブナ林の尾根道が続く。 
 
      名前どおりのオニギリの形をした岩の横を通り、少し下るとザレ場の急坂。 
   
       沢筋に降りると古木が目立つ杉林の道になり、再び沢越え。 
   
       しばらく沢沿いの細い道が続き、急坂を下ると牛コバに到着。 
   
      牛コバからは広い林道歩きになり、20分で蓬莱山に向かう伊藤新道分岐。 
   
      三の滝の表示が出てきたので見に降りると、水量豊富な滝が豪快な音を立てて流れ落ちていた。 
   
       三ノ滝から少し歩くと駐車地点に帰着。
 
      急登の道を我慢してまっすぐに登っていくと意外とあっけなく山頂に到着。
      しかし、下りは沢筋、急坂、ザレ場、尾根歩き、林道と次々に場面が変わり、林道に降りるまで気が抜け
      ない歩行が続いた。

      前にイン谷から登った時にも思ったが、武奈ヶ岳は奥の深い山だ。 
   
 2008/11/26   2014/1/11
   
  近畿・北陸の山へ