金剛山1125m 

      大阪府千早赤阪村    ROUTE

      近畿自動車美原北インターから国道309号ー県道705号を通って、金剛山ロープウエイ千早駅へ。

      2012/1/7 曇り      MAP 

      コースタイム 登り 登山口‐(80分)‐展望台‐(30分)‐山頂(国見城跡)           合計 1時間50分
               下り 山頂‐(50分)‐千早城址‐(10分)‐千早城址登口‐(50分)‐駐車場  合計 1時間50分

      金剛山は7年前に山仲間に連れられて登ったが、展望台に上がるといきなり真っ白に輝く世界が目に飛び込ん
      できて感動したことを思い出す。

      金剛山山頂のライブカメラをチェックして、12月23日からの寒波襲来で、寒さが緩んだ大晦日と元旦以外は連日
      樹氷で覆われていることを確認し、I君、T君、IT君と誘いあわせて出発した。

      2時間30分ほど車を走らせ、9時30分、ロープウエイ手前の府営駐車場に到着。
      10時:展望台のある伏見林道から登って、表登山道から下山することにして出発。    
    
      コンクリートの道だが、すでに雪に覆われているので最初からアイゼンを装着して登っていく。  
    
      1時間30分ほどでキャンプ場などのあるちはや園地を通って展望台へ。 
    
      展望台に上がって山頂方面を見上げると、前に来た時よりも上品な薄化粧だが、白い氷に覆われた樹海が広
      がっていた。        
  
      見晴らしは良くないが、西側には去年登った岩湧山が何とか見える。 
  
      暫く360度の眺望を楽しんでから山頂に向かって歩いて行くと、水越峠への分岐あたりから次第に樹氷が華やか
      になっていく。 
    
      山頂手前のブナ林まで来ると、ブナの樹々が真っ白になって輝いていた。  
    
      白く輝く樹々の向こうには葛城山が見える。  
  
      参道を通って最高地点にある葛城神社へ。  
    
      人が少なくて静寂感がある、雪と樹氷に覆われた境内をしばらく散策する。   
    
      12時:山頂広場に到着する、こちらは大勢の人で賑わっていた。   
    
      国見城跡にある標識をバックに記念撮影。  
    
      東側には奈良の街並みが見渡せた。   
  
       13時20分:千早本道から下山。階段状に整備された道を下りていく。 
    
      同じ景色が続いて単調で面白く無いので、途中の分岐で千早城址の方へ廻る。 
    
      城跡は神社になっていて往時を思わせる遺跡は目につかないが、急な階段が足利軍を困らせた山城の佇まい
      を感じさせてくれた。  
  
      14時30分:舗装路へ下り、50分舗装路を歩いて駐車場に帰着した。  
  
     金剛山はライブカメラで積雪や霧氷情報が毎日得られ、アクセスもいいので気軽に樹氷ハイクが楽しめるのがいい。 
   
2005/2/13  
   
  近畿・北陸の山へ