櫃ヶ山953m−五輪山980m

      岡山県真庭市    ROUTE 

      米子自動車道湯原インターから国道313号に入って、南下してすぐの道路脇に登山者用駐車場がある。

      2012/6/4 晴れ   MAP 

      コースタイム 登り 登山口‐(60分)-五合目-(30分)-7合目-(天狗の森30分)-8合目-(20分)-櫃ヶ山山頂
                   -(40分)-五輪山山頂                    2時間20分(櫃ヶ山) 3時間(五輪山)
               下り 五輪山山頂-(25分)-下山路分岐点-(50分)-林道出合-(30分)-竜頭の滝-(15分)-登山口
                                                                2時間
                                                                 合計 5時間

      朝6時30分、I君、K君、IM君、T君と5人で高砂を出発し、8時30分、国道313号線沿いの登山口に到着。
      登山口には車が数台駐車できるスペースが確保されている。
      9時:出発。     
   
      舗装路を少し上ると登山道の標識が現れるので、これに従って歩いていく。 
   
      30分ほど歩くと林道にぶつかり、これを横断する。  
   
      1時間で5合目に到着。ここから尾根道になり、見晴らしが良くなる。  
   
      五合目からは一合毎に標識が立てられ、わかりやすい。
      一息入れようと振り返れば、目の前に眺望が広がり気持ちがいい。  
   
      足元には黄色いニガナの花が続いている。
      7合目を過ぎると天狗の森への分岐標識が現れたので、そちらに向かう。  
   
      目の前にはピンクの花を付けたタニウツギが次々に現れ、彩りを添えてくれる。  
   
      しばらく歩くと樹林帯になり、次第に大木が増えて鬱蒼とした森になっていく。
      15分ほど歩くと小屋と標識が現れ、ブナ、ケヤキ、ミズナラなどの原生林の森とのことである。 
   
      小屋の中を覗くと、巨大な天狗の下駄が置かれていた。
      小屋から少し上に上ると、この森の中でも一番目につく大木があり、カツラと表示されていた。 
   
      11時10分:約30分の周回を終えて、8合目の標識のところに帰ってくる。
      11時20分:9合目の笹原に到着。  
   
      11時30分:櫃ヶ山山頂に到着。ゆったりとした草原の山頂である。 
   
      北側には大山がシルエットで見えるが写真写りは良くないので、蒜山三座から東側の景色をパノラマする。 
 
      12時20分:山頂でゆっくりと昼食休憩してから下山路へ向かう。 
   
      前方には三角錐の五輪山と、その向こうには大きく裾野を広げてた星山が重なっている。  
 
      このまま下山してしまうのが勿体なくなったので、五輪山まで行ってみることにした。
      縦走途中に振り返ると、綺麗な姿をした櫃ヶ山が見渡せ、これだけでも歩いて来た価値があった。 
 
       13時:五輪山の到着。星山まであと3,5kmあるとのことなので、ここから先は又の機会歩くことにして引き返す。
   
      下山路分岐点に戻り、下山する。樹林帯の道が次第に沢筋の道になっていく。  
   
      14時20分:林道に出会うが、標識に従って下りていく。 
   
      集落跡を通リ抜けると分岐になり、竜頭の滝に向かう。  
   
      東屋が現れ、ここを右手に進んでいくと竜頭の滝が現れたが、期待するほどの滝ではなかった。 
   
      竜頭の滝から10分ほど下ると313号線に出て、5分ほど歩くと駐車場に帰着した。  
   
      五合目から上は展望が開けた尾根道が続き、天狗の森への入ると鬱蒼とした森になる。
      山頂から西側には星山への縦走尾根が峰を連ねていて、歩いてみたくなるロケーションである。

      櫃ヶ山は毎年登山大会も行われる人気の山というのが納得できる山だった。
 
 2014/9/17 
   
  中国の山へ