鉢伏山1221m 

      養父市大久保    ROUTE 

      国道9号線関宮信号を直進して県道87号に入り、鉢伏高原へ。

      2012/9/26 晴れ  MAP 

      コースタイム 周回 駐車場‐(30分)‐小代越‐(60分)‐山頂‐(20分)‐林道出合‐(40分)‐駐車場 合計 2時間30分

      6時30分に高砂を出発し、9時にハチ高原交流センター駐車場に到着。標高は約880m。
      9時15分:出発。案内標識がないので、小代越の方向を目指して舗装路を左手に歩いていく。  
   
      10分ほど歩くと、遊歩道の入口が出てきたのでそちらに入る。  
   
      暫く歩くと次第に山道になり、9時45分、登りきると思った通り、ここが小代越だった。  
 
      途中、秋の花が目を楽しませてくれた。  
       
       高丸山に向かって気持ちのいい尾根道が伸びている。
      10分で高丸山山頂に到着し、ここからまっすぐに鉢伏山山頂に向かって尾根道が続いているのが見渡せる。 
   
      目の前に草原が広がり、なかなかいいロケーションである。  
 
      歩くにつれて山頂が近づいてくる。  
   
      さわやかな風に揺れるススキが秋を感じさせてくれる静かな道が続く。  
   
      最後の登りがやや急登。  
   
      10時35分:山頂に到着。 
   
      目の前に長い稜線を広げている氷ノ山を見ながら、しばらく登山ルートをシミュレートする。  
 
      10時55分:東尾根へ下山。見晴らしのいい広い遊歩道の道下って行く。  
   
      20分で氷ノ山‐瀞川林道出合に下山。  
   
      ここからしばらく舗装された林道を下って行くが、意外にも右手の法面には見事なお花畑が続いていた。 
       
     20分ほど林道を下ったところでハチ高原への分岐標識が現れたので、そちらへ曲がると広々とした高原になった。  
   
      ここでも草原の花が目を楽しませてくれた。 
   
      11時55分:駐車場に帰着。  
   
      秋風に吹かれながら、見晴らしのいい高原をゆったりと散策するのも、なかなかいいものである。
      ふるさと兵庫100山は、これでひと通り踏破したことになる。       
   
 2016/9/10 
   
  但馬の山へ