国見山465m

      宍粟市山崎地区   ROUTE

      中国自動車道山崎インターから南に少し走り、右折して国見の森公園の案内表示に従って公園駐車場へ。

      2013/2/10 晴れ   MAP 

      コースタイム 登り 登山口‐(25分)‐柏原城址分岐‐(35分分)‐山頂                 合計 1時間
               下り 山頂‐(40分)‐登山口                                  合計  40分

      宍粟50山のうち、南の方の低山は魅力に乏しく、一人ではなかなか足が向きにくい。
      ちょうどI夫妻もこの辺りの山を登る予定との事だったので、一緒に登ることになった。

      8時半に国見の森公園駐車場に到着し、交流館に登山届を提出。   
   
      9時45分:出発。標高は130m地点なので、300m余りの高低差である。 
   
      1番登山道が山頂まで3.5km、2番登山道が1.8kmとのことなので、ロングルートの1番を歩くことにした。   
   
      このルートは距離は長いが、頂上まで車が通れるように整備された道だった。 
   
      1時間で山頂に到着。 
   
      山頂には立派な展望台があり、南−東側の山並みが鳥瞰写真で説明されているのでよく分かった。 
   
      南側では宍粟50山の2座が分かった。
 
      東側では、このあと登る予定の高取山と、その後の明神山が目に付いた。 
 
      北側には、長水山から水剣山の山並みと、その左後には三室山から後山への白い峰々が見えるが同定できない。 
 
      下山路は2番登山道。 
   
      獣除扉を出ると、気持ちのいい自然林の道になった。 
 
      20分歩くとモノレールの横に出る。
   
      さらに20分で登山口。 
   
      距離は短いが、2番登山道の方が楽しめる道で、周回するなら2番→1番登山道の方がいいと思った。
      
      下山後、次の目的地の高取山登山口へ向かう。 
   
2016/4/27 
   
  播磨の山へ