大甲山1035m‐荒尾山1108m

      宍粟市波賀地区野尻   ROUTE 

      中国自動車道山崎インターから国道29号線を北上し、波賀地区に入って「道の駅みなみ波賀」を過ぎて、
      右手に野原小学校が見えた辺りを左折し、林道を上っていく。

      2013/5/18 晴れ      MAP

      コースタイム 登り 登山口‐(40分)‐お滝さん分岐‐(40分)‐大甲山山頂‐(20分)‐荒尾山山頂  合計 1時間40分
               下り 荒尾山山頂‐(20分)‐大甲山‐(30分)‐お滝さん分岐‐(30分)‐登山口     合計 1時間20分

      IM君と野尻ルートから登った。

      国道29号線の野原小学校前から左手に入り、集落を過ぎると獣除扉が現れる。
      扉を開いて入って行き、始めは舗装路だが途中でダートになる林道を上り、登山口の100mほど手前に駐車
      スペースがあったのでここに駐車する。標高は約650m地点である。  
   
      上ってきた方向を振り返ると幾つかのピークが見える。
      登る前はわからなかったが、下山後このピークが目的の山だったことがわかった。  
      林道を登山口の向こうの峠まで歩いて行くと、東から南に展望が開けていた。  
      9時50分:登山口から階段を上がり、急坂を登っていく。  
   
      すぐに雰囲気のいい尾根に上がり、少し歩くと三等三角点のある694mピークに到着。
      木が払われているが、眺望は木の間から東山付近しか見えなかった。 
   
      雰囲気のいいヤセ尾根を少し歩くと急坂になる。 
   
      急坂を登りきると暫らく植樹林が続き、そしてコナラ林に戻る。  
   
      10時30分:お滝さんルートとの分岐地点に到着し、小休止してから出発。  
   
      尾根が広かり、ゆったりとした道になる。 
   
      ブナの木も混じった気持ちのいい自然林が続く。 
      左手が植樹林で右手が自然林になり、11時10分、大甲山山頂に到着。 
   
      南側に眺望が開け、黒尾山などが見渡せた。澄んでいれば雪彦山なども見えるようだが今日は見えない。 
 
      西側には荒尾山の向こうに、長い稜線を引く日名倉山も見えた。  
 
      11時20分:荒尾山に向かう。  
   
      北側の眺望は殆んどないが、途中で木々の間から北東方向が少しだけ垣間見れた。 
 
      11時40分:荒尾山山頂に到着。眺望は、西側に植松山が見えただけだった。 
   
      12時20分:同じ道を下山し、13時40分に登山口に降り立った。
      帰路途中、波賀町有賀付近から歩いた稜線が見渡せた。 
      新緑が輝く、気持ちのいい尾根歩きが堪能できた。

      紅葉の季節にも歩いてみたい山である。 
   
  播磨の山へ