高 峰 845m

     宍粟市一宮町   ROUTE

     中国自動車道山崎インターから国道29号線を北上し、「安積橋」で直進して県道6号に入る。
     百千家満のカーブのところで「草置城」の案内標識の方へ右折して坂道を登っていくと、ヘアピンカーブ付近に登山口
     標識が現れる。(駐車場はく、登山口標識を少し過ぎた地点の路肩が広いので、そこに駐車する。)

     2013/10 /7  晴れ   MAP

     コースタイム  登り 登山口-(40分分)-尾根分岐-(30分)-草置城址-(10分)-登山口 
               下り 山頂-(30分)-尾根分岐-(30分)-草置城址-(10分)-登山口          合計 2時間30分

     宍粟50山の高峰に登ってきた。

     9時40分:路肩に駐車し、少し戻って登山口に入る。   
   
     いきなり急登が続くが、広葉樹林の道なので苦にはならない。 
 
     尾根が近づいてくると大きな岩が現れる。   
   
     10時20分:尾根筋に到着し、右手に進む。しばらくは岩の間を歩いていく。  
   
     尾根道はほとんど眺望はないが、広葉樹林帯なので気持ちよく歩ける。 
   
     北側に展望が開けているところがあり、藤無山と氷ノ山(たぶん?)が見渡せた。 
 
     10時55分:山頂に到着。
     休憩後、時間も早いので前川林道登山口方面へ少し歩いて行ったが、眺望は得られそうもないので10分ほどで引き
     返す。成果として、横から高峰の山頂を見ることができたこと。 
   
     山頂は南側に展望が開けていた。
     地図では正面に暁晴山があるようだが、どれがそうかよくわからない。 
 
     11時30分:往路を引き返す。
     登ってくるときは気づかなかったが、途中で正面に大段山らしき山が見えた。
     30分で尾根分岐に到着。登ってきた左には曲がらず、「草木越え」に向かって直進する。 
   
      赤テープを目印に歩いていくが、なかなか歩きにくくややこしい。 
   
     途中で道間違いをしたのか赤テープが出てこなくなったが構わず降りて行くと、民家の裏手に降り立った。 
   
     舗装路を引き返す。      
   
     10分ほどで草置城址前に到着。   
 
     裏側を登ると展望地があるとのことなので階段を登っていく。
     「頂上へ255段」と書かれているが、結構幅広の階段なので325歩かかった。 
   
     北側に眺望があるので、ここでランチタイムとした。  
   
     草置城址から約10分、舗装路を歩くと駐車地点に帰着した。 
   
     帰りに「まほろばの湯」の近くから高峰の全景を撮影。
     今までまほろばの湯に来た時に見上げても、どこがピークかわからなかったが、今回登ってみて漸くわかった。 
 
      約2時間半の歩行だったが、意外と変化のある面白いルートだった。 
 
  播磨の山へ