扇ノ山1310m

     美方郡新温泉町     ROUTE            

     国道9号線で湯村温泉を過ぎて、鳥取県境の蒲生トンネル手前を左折し、海上(うみがみ)集落へ向かい、海上林道を
     上山高原まで走る。      

     2013/11 /2  晴れ    MAP     

     コースタイム 登り 登山口ー(70分)ー山頂              合計 1時間10分
              下り 山頂ー(60分)ー登山口              合計 1時間

     須留ヶ峰下山後道の駅神鍋高原で車中泊し、翌朝45km車を走らせて、新温泉町の上山高原へ向かった。
     ところが、海上集落入り口まで来たところ、海上林道が土砂崩れのため上山高原手前で通行禁止との告知標識が
     立てられていた。鳥取県側からは通行可能とも書かれている。
     1時間あまり林道歩きをするか、それとも鳥取県側に廻るか、しばし思案したが、長い林道歩きは疲れるので迂回す
     ることにした。 

     一旦国道9号線に戻り、蒲生峠を越えて鳥取県に入って河合谷林道を上り、約20km、1時間かかって小ずっこ登山口
     に到着。
     9時45分:登山口を出発。標高はすでに1060mあるので、高低差250mの散策である。 
   
     登り始めるとすぐ、紅葉したブナの森になった。  
  
     緩やかな上りの、色づいた樹林が続く。  
  
     進むにつれて色が褪せていく。       
     巨木の森がつづく。  
  
     小ずっこ1159mを越え、大ずっこ1273mを越えると山頂が近づく。  
  
     11時:扇ノ山山頂に到着。
     はじめは数人だったが、しばらくすると大勢に人で賑わってきた。 さすがに人気の山である。 
   
     晴れてはいるもののガスで視界は良くないが、氷ノ山はシルエットで見ることができた。 
  
     11時45分:下山開始。  
 
  
  
  
  
  
   
  
   
     12時45分:登山口に帰着した。
     紅葉は終盤になっていたが、秋の森を満喫することができた。  
   
 2013/11/1(須留ヶ峰)  2017/3/11(姫路)  2017/5/4(広留野)  2018/4/1(姫路)  2018/4/29(上山高原)
   
  但馬の山へ