武奈ヶ岳1214m

      滋賀県大津市        ROUTE

      名神自動車道京都東インターから国道161号線(湖西道路)に入り、真野インターで国道477号、367号へと
      進み、葛川市民センターの駐車場へ。トイレは登山口手前の国道横にもある。                 

      2014/1/11 曇り   MAP    

      コースタイム 登り 登山口ー(170分)ー御殿山ー(70分)ー武奈ヶ岳山頂               合計 4時間
                下り 武奈ヶ岳山頂ー(40分)ー御殿山ー(80分)ー登山口                合計 2時間

      K君、IM君、IHさん、Hさんと比良山系主峰の武奈ヶ岳に登ってきた。

      朝6時30分に高砂を出発し、9時、葛川市民センター駐車場に到着。標高は約300m。
      9時15分:駐車場を出発し、明王院登山口に向かう。        
   
      登り始めると、すぐ積雪20センチほどの急登の道になり、植樹林の間を登っていく。  
   
      1時間ほど汗をかきながら登ると、明るい落葉樹林帯になる。  
   
      2時間ほど登り、標高800mを超えて御殿山への登りになる辺りから樹氷林になった。  
   
      急坂を登りつめると、12時5分、標高1097mの御殿山に到着。
      ここまでの所要時間は2時間50分で、無雪期なら山頂に到着している時間である。
      御殿山では先行者が昼食休憩中で、我々も居合わせた方と一緒に山頂に向けて出発する。        
   
      目の前の武奈ヶ岳は、手前の稜線は見えるが山頂はガスの中である。  
  
      12時20分:山頂に向かって出発。一旦下ってから樹林帯を登っていく。  
   
      樹林帯が終わると雪が深くなり、馬力のある何人かが交代で道を切り開いていく。    
   
      我々だけでは敗退必至の雪深い尾根を、みなさんのお陰で突き進むことができた。  
   
      13時30分:御殿山から1時間10分かかって無事武奈ヶ岳山頂に到着し、皆で到着を喜び合った。  
   
      強風が吹き、小雪が舞い始めた山頂には長居できないので、全員すぐに引き返す。

      40分で御殿山に戻り、我々はここで遅くなった昼食休憩をしてから同じ道を下山した。
      登りは4時間かかった道も、雪道の下りは早く、2時間で登山口に下山。

      琵琶湖や白山が望める山頂からの眺望は楽しめなかったが、雪の武奈ヶ岳を堪能することができた。  
   
  2008/11/26   2010/9/26
   
  近畿・北陸の山へ