藤無山1139m

     養父市大屋町   ROUTE 
           
     中国自動車道山崎インターから国道29号線を北上し、宍粟市波賀町戸倉で県道48号に入って東進し、大屋スキー
     場駐車場(平日は無料)へ。      

     2014/1/15 曇り   MAP        

     コースタイム 登り 駐車場ー(70分)ー登山口ー(90分)ー山頂                     合計 2時間40分
              下り 山頂ー(60分)ー登山口ー(40分)ー駐車場                     合計 1時間40分

     よく高御位山で一緒になるKさんのお誘いで、雪の藤無山に登ってきた。
     車1台5人とだけ聞いていて、どんなメンバーか聞いていなかったが、朝、集合して紹介を受けると、何と、昨夜、藤無
     山の予習のためヤマレコレポートを読んだばかりのyamayaさんがリーダーのパーティーだった。

     標高約670mの大屋スキー場駐車場に車を止めて、10時20分、出発。スキー場のリフトに沿って登っていく。        
   
     リフトトップまでゲレンデを歩いて登る。  
   
     11時にリフトトップに到着。  
   
     しばらく平坦な林道を歩くと、11時30分、登山口に到着。  
   
     小休止してから急坂に取り付く。  
   
     25分ほどで尾根に上がると、目の前に藤無山の山頂が現れた。  
  
     ちょうど昼になったので昼食休憩し、12時30分、山頂に向かって出発。トレースのない新雪の尾根がつづく。  
   
     何度かアップダウンをしながら高度を上げていくと、しだいに霧氷の花が咲き始める。  
   
     時折北側に視界が開け、氷ノ山や鉢伏山も見渡せた。  
     樹氷のトンネルが続く。       
   
     13時35分:風もなく、穏やかな山頂に到着。 
   
     13時50分:下山開始。雪道の下山は気持ちよく下れ、15時30分、駐車場に帰着した。  
   
     途中、霧氷のきれいな結晶を愛でることができた。
   
     林道途中にある小滝の右横に出来ていた沢山の氷柱も綺麗だった。  
   
     往復約7km、標高差は約450mで、歩行時間は往復4時間20分。急坂は登山口からの取り付きだけ。
     熟達したリーダーの案内と、穏やかな天気にも助けられ、気持ちのいい雪山ハイクを楽しむことができた。       
   
 2008/5/3   2014/12/27
   
  但馬の山へ