ゆめさきの森357m

     姫路市夢前町寺   ROUTE

     姫路バイパス姫路西インターから県道411号を北上し、ゆめさきの森公園駐車場へ。      

     2014/2/16 晴れ   MAP     

     コースタイム(周回) 駐車場-(40分)-315mピーク-(30分)-328mピーク-(60分)-神木の道分岐
                  -(40分)-展望台-(20分)-駐車場                            合計 3時間10分

     ゆめさきの森公園は、なか・やちよの森公園や国見の森公園と同じように、県が整備したふるさとの森公園のひとつ
     である。
     9時40分:駐車場を出発。標高は約110m。  
   
     活動施設の前から散策道を上って行くと、右手に通宝寺池が現れる。
     ちょうど10人ほどのグループがバードウオッチングに来ていた。  
   
     15分ほどで「スギの道・風の谷道」分岐標識が現れたので、スギの道に進む。  
   
     そこそこの傾斜がある道を登り切ると、315mピークに上がる。 出発してから40分である。 
 
     あとは気持ちのいい尾根歩きになる。  
   
     かぜの谷道と合流すると上りになり、登り切ったP328でふりむくと、姿の良い明神山がイイ感じで聳えていた。  
  
     11時:岩尾根に到着。 フェンスは不要な気がするが、落下防止のためか?
   
     南側に眺望が開け、休憩するのにちょうどいいロケションである。  
  
     北東側、木の間からは塩田温泉方面が見える。  
  
     暫し休憩してから尾根道を少し進むと、最高標高地点の標識が現れた。里山なら名があるはずだが?  
   
     「ツバキの道」との分岐を過ぎると急坂になる。
   
     「ホオノキの道」との分岐を越えて、さらに尾根道を進む。  
     11時50分:「神木の道」との分岐標識が現れると、直進は3月末まで通行止めになっていた。  
   
     神木の道は、落ち葉でふかふかの気持ちのいい道だった。  
   
     しばらく下ると、しめ縄を締めた木が目に入った。
     これが御神木で、見上げるといい形をした檜だった。 
 
     御神木の近くで昼食休憩して出発。駐車場近くまで降りると、標識に「展望台」を示していたのでそちらへ向かう。  
   
     15分で展望台に着いたが、木がジャマしてよく見えない。設置当時は木が小さかったのだろうか?  
   
     展望台から少し歩いて、「ホオノキの道」と合流後、山頂付近が展望できるポイントがあった。  
  
     通宝寺池の下を通って、13時10分、出発点に帰着した。  
   
     歩行距離は約6km。
     落葉樹林の明るいルートはきれいに整備されているが、アップダウンが多くて楽しめるところだった。 
   
  播磨の山へ