くらます1282m

     鳥取県八頭郡若桜町吉川  ROUTE            

     国道29号を北上し、戸倉峠を越えて若桜町に入り、岩屋堂の表示方向へ左折して県道72号へ入る。
     岩屋堂横を通って吉川集落を抜け、牛舎を過ぎたところの路肩に駐車する。      

     2014/3/19 晴れ        MAP     

     コースタイム(周回) 登り 駐車地点-(20分)-林道入口-(50分)-尾根取り付き点-(105分)-山頂  合計 2時間55分
                  下り 雪原-(115分)-下山口-(10分)-駐車地点                   合計 2時間5分

     yamayaさんのヒマヤマ隊5人で登ってきた。くらますは夏は藪山で、雪のシーズンだけ楽しめる山である。

     加古川から110km、2時間20分車を走らせ、標高約580mの駐車地点に到着。
     9時40分:ワカンやスノーシューを装着して出発し、県道を歩いていく。 
   
     1周間続いた陽気で、左手に見える山頂はかなり地肌が見えている。 
     県道を20分ほど歩くと、ヘンブ谷川林道への入口に到着。 
   
     林道に入ると間もなく堰堤が現れ、更にドンドンと林道を上って行く。  
   
     10時50分:林道終点から尾根に取り付くが、一つ左手の尾根に取り付いていたことがわかり、沢を越えた右の尾根
     に取りつき直す。
   
     作業道らしき尾根を登っていくと、次第に急坂になっていく。  
   
     20分ほどで自然林になったので傾斜が緩むと期待したが、益々キツくなり45度以上の傾斜になっていく。  
   
     1時間ほどの激登りを終えると、極楽尾根になった。苦労の後だけに喜びもひとしおである。       
   
     12時35分:標識も何もない山頂に到着すると、目の前には大展望が開けていた。  
   
     正面には三室山。  
  
     その右手には天児屋山と、奥には後山連山。  
  
     その右手には沖の山と、左奥には那岐山も見える。  
  
     しばし眺望を楽しんでから北側の展望地に向かう。  
  
     ブナ林の向こうへ行くと、そこは大雪原だった。  
   
     雪原の向こうには大きく稜線を広げる氷ノ山が横たわり、何とも雄大な眺めである。  
  
     快晴無風の雪原で、絶景を眺めながらのランチタイムを過ごし、13時25分、下山開始。
     下山尾根を少し下ると、目の前に東山(とうせん)が現れた。  
   
     キリリとした姿の良い山である。  
  
     樹林帯に入ると小さな枝尾根が次々と現われるので、どの尾根がルートか判別に苦労する。
     予めyamayaさんがGPSに入れてきたルート図で方向を修正しながら下っていった。  
   
     途中から雪がなくなったが、そこから激下りが始まり、途中で緩やかになったと思うと最後に断崖の杣道を激下り!  
   
     15時20分:牛舎裏に下山し、少し下ったところに架かっている橋を渡ると県道72号に降り立った。       
   
     10分ほど県道を上って行くと、駐車地点に帰着した。  
   
     地獄の登り下りと極楽尾根。下山直後はもう行きたくないと思ったが、終わってみればまた行きたくなった。

     帰りに室町時代に建てられた重要文化財の不動院岩屋堂を見物してから帰路に着いた。  
   
   
 2015/3/21 
   
  中国の山へ