城 山271m

     加古川市志方町岡     ROUTE       

     県道43号線(高砂北条線)の志方東小学校前信号を東に曲がり、安楽寺前を通って登山口駐車場へ。(10台ほど可) 

     2014/5/14  晴れ     MAP     

     コースタイム(周回) 登山口駐車場-(30分)-山頂-(40分)-城山台登山口-(25分)-登山口駐車場 合計 1時間35分

     南側から見る志方の城山は、東西に稜線を伸ばしていてなかなか姿の良い山である。 
 
     8時45分:登山口の駐車場を出発。 
   
     舗装路を少し上ると「旧登山道」の標識があるので、旧道にとり着く。  
   
     取り付き点には毘沙門岩の表示があり、毘沙門天が祀られている。  
   
     登り始めると「小毘沙門岩」があり、鎖場になる。   
   
     鎖場をよじ登ると南側の展望地で、飯盛山や平荘湖が見渡せた。  
  
     10分ほど急坂を登ると本道に合流。  
   
     登山口から30分で山頂に到着。  
   
     本丸跡は広く、大きな石碑に「赤松城址」と刻まれていた。  
   
     東から南に眺望があり、東側眼下は権現湖である。  
  
     山頂にある標識に「七ツ池ー城山山頂ー権現ダム 新縦走コース」と書かれている地図があった。
     どうやら最近トレイルルートとして尾根ルートが整備されたようである。  
   
     縦走路に入ると次々と赤テープやポイント表示が出てくる。
     途中で分岐があったので左のルートを取ると、こちらはアンテナ場へのルートだった。  
   
     最後は急坂になり、縦走40分で県道に降り立った。  
   
     県道を少し歩いてから田圃道に入る。  
   
     標識に従って戻っていく。  
   
     官兵衛の妻光姫ゆかりの安楽寺前を通って駐車場に帰着した。  
   
     なかなか変化のある楽しいルートだった。  
   
  播磨の山へ