篭山905.5m

     鳥取県八頭郡智頭町   ROUTE

     鳥取自動車道智頭インターから県道7号に入って1kmほど走ると「篭山トレッキングルート」案内標識が出てくるので、
     そこを右折して林道を上って行くと、登山口標識の手前に5台ほど駐車できる広い路肩がある。      

     2014/7/9 曇り       MAP     

     コースタイム 登り 登山口-(55分)-P699.5m-(50分)-反射板-(15分)-山頂             合計 2時間
              下り 山頂-(45分)-分岐-(35分)-登山口                          合計 1時間20分

     yamayaさんのヒマ山隊6人で出かけた。
     登山道の案内標識のある交差点を右折し、林道を上がっていくと登山口標識が出てきたので、その手前に駐車。  
   
     9時20分:智頭農林高校の標識が和ませてくれる登山口を出発。
   
     車が通れくくらいに広い道を30分ほど登っていくと分岐地点。  
   
     直進ルートに入ると山道らしくなり、分岐から25分で三角点のある尾根に上った。  
   
     目の前には反射板まで見渡せるススキが原の尾根が続く。  
   
     360度開けた尾根道を、何回かアップダウンを繰り返しながら歩いて行く。  
  
     風が強く、日差しがないので気持ちいい。  
   
     反射板を目指して歩いて行く。  
   
     11時5分:反射板に到着。  
   
     反射板からはササ原の道になり、15分で山頂に到着した。  
   
     北側には鳥取市街地と日本海が見え、その右手には扇ノ山も見渡せた。
     天気が良ければ扇ノ山の右手には氷ノ山、南側には那岐山も見えるはずだが、今日は雲の中だった。  
  
     12時: 山頂で昼食休憩してから同じ道を下山し、途中の分岐でショートカットして下っていくと、上りに使った道より
     こちらの方が広い道だった。 
   
     13時20分:登山口に下山。  
   
     途中にはいろんな花が咲いていた。  
       
       
       
     篭山は、ススキが穂をつける秋にも来てみたい山である。  
   
  中国の山へ