富士山3776m

     静岡県小山町須走    ROUTE

     東名自動車道御殿場インターから国道138号を約10km走り、ふじあざみライン入口手前で標識に従って登山者用
     臨時駐車場に駐車し、シャトルバスで須走五合目登山口へ。(駐車料:1台1,000円、 シャトルバス:往復1,600円)   

     2014/8/19-20  晴れ  MAP     

     コースタイム 登り 須走登山口-(150分)-本六合目瀬戸館-(180分)-本八合目-(110分)-山頂   合計 7時間20分
              お鉢巡り 1時間20分
              下り 山頂-(100分)-七合目分岐-(50分)-砂払い五合目-(30分)-須走登山口     合計 3時間

     須走口から、IHさん、IM君と登る。
     19日朝、6時に高砂を出発。
     13時に須走の登山者用駐車場に到着し、直ぐにシャトルバスで五合目登山口へ。    
   
     14時30分:樹林の道を登り始める。  
   
     16時に新六合目の長田荘を通過し、17時、宿泊する瀬戸館に到着。  
   
     小屋の前から西側を見ると、下山路を駆け下りていく人が見え、見上げると山頂が見渡せた。  
   
     樹林の道にそれなりに花も咲いていた。  
 
オンタデ
 
ヤマホタルブクロ
 
ヨツバシオガマ
 
ムラサキモメンヅル
     深夜零時に出発。  
   
     1時間で七合目太陽館を通過し、3時に吉田ルートとの合流点である八合目に到着。
     合流すると一気に人が増えた。  
   
     九合目辺りからは大渋滞で牛の歩みになり、目の前に見える山頂がなかなか近づいてこない。  
   
     4時50分:山頂に到着すると、すでに大勢の人が日の出を待ち構えていた。  
   
     5時:地平線からのご来光。 山中湖と雲の笠が調和した穏やかな夜明けだった。 
  
     いい天気なのでお鉢巡りをする。
     時計回りに最高峰の剣ヶ峰まで行くと、3776mのプレート前での写真撮影に並ぶ大行列ができていた。  
   
     左手を見ると、影富士が出来ていて、そのテッペンに時々光の輪が現れる。
     富士山頂に現れた光の輪はなかなか神々しい。  
   
     そして、その向こうには南アルプスの山並みと八ヶ岳も見渡せた。  
  
     1時間20分で一周し、記念撮影。  
   
     山中湖を見下ろすと、湖の近くまで雲海が迫っていた。  
  
     7時20分:下山開始。
     下山路は七合目の太陽館辺りまで、上り道やキャタピラ道とクロスしながらの歩きにくい道だった。  
   
     七合目から砂払い五合目までの砂走りが下山路のハイライト。
     砂が深いので滑りながら下って行け、コースタイム70分のところを40分で駆け下りた。  
   
     9時50分:砂払い五合目。                        10時20分:登山口に帰着。
   
     ご来光、お鉢巡りの大展望、影富士、砂走りと、期待していたものが全て満たされたうえブロッケンまで現れてくれ、
     大満足の富士登山だった。       
   
  2013/8/29-30
   
  関東・甲信越の山へ