一山1064m

     宍粟市一宮町河原田   ROUTE     
       
     国道29号線を北上し、一宮町安積橋信号を直進して県道6号線を北上する。まほろばの湯(遺跡公園)手前で、
     「阿舎利の名水」の標識に従って舗装路を上って行くと、「阿舎利の名水」を少しすぎた所に登山口の標柱が現れる。
     標柱の前には車が3台ほど止められるスペースが有る。           

     2015/1/28 小雪      MAP     

     コースタイム(周回) 駐車場-(75分)-林道終点-(40分)-山頂-(25分)-林道終点-(25分)-
                   標識地点-(60分)-駐車地点                              合計 3時間45分

     yamayaさんのヒマ山隊10人でのスノーハイク。
     10時15分:標高約600m地点の阿舎利山登山口標柱付近に駐車し、最初からスノーシューを履いて出発。
   
     ログハウスの前を通って尾根に取り付き、自然林のジグザグ道を登っていくと植樹林に入る。
     積雪は50センチ位だが、昨日の雨で雪が締まっていて意外と歩きやすい。  
   
     沢を横切り、もう暫く植樹林の中を登っていく。  
   
     再び自然林になり、段差のある登りにくいところを上がって、あと少し登ると、11時30分、林道終点の平坦地に到着。  
   
     もう一度尾根に取付き、20分ほど樹林帯を登ると視界が開け、前方に山頂が姿を現す。  
   
     伐採されて茅野原になっている山頂は、雪を被っていい雰囲気になっている。  
  
     雪原を登っていく。  
   
     12時10分:山頂に到着。  
   
     風の強いこの付近の樹林は、霧氷で真っ白になって幻想的な空間になっていた。  
   
     晴れていれば氷ノ山まで見える眺望は、残念ながら向かい側の阿舎利山が漸く識別できる程度だった。  
  
     霧氷の華の下でランチライムをとり、12時45分、下山開始。。  
   
     林道終点までは上りと同じルートを下る。  
   
     林道出合からは林道を下っていく。  
   
     20分ほど林道を歩いて登山口標識のところで振り返ると、先ほど登った山頂が見渡せた。  
  
     さらに林道を下っていく。  
   
     14時20分:登山口に降り立った。  
   
     小雪舞う中を大勢で賑やかに登っていき、山頂では樹氷を楽しむことが出来た。
     雪は適度に締まっっていて、楽しいスノーハイクだった。       
   
   2009/11/4  2014/4/23
   
  播磨の山へ