八幡山775m

     神崎郡神河町猪笹  ROUTE

     国道312号を北上し、生野峠手前のヨーデルの森へ。料金所で了解を得て、駐車場(無料)に止めさせてもらう。   

     2015/4/18 晴れ   MAP     

     コースタイム 登り 駐車場-(15分)-登山口-(30分)-分岐-(30分)-山頂               合計 1時間15分
              下り 山頂-(15分)-分岐-(60分)-460pk-(20分)-生野峠-(15分)-駐車場      合計 1時間50分

     ピラミッド伝説があるという山に、IM君と出かけた。
     ヨーデルの森駐車場から見ると、ピラミダルな山頂ではある。  
  
     10時:駐車場を出発すると、すぐに立派な案内標識が現れた。  
   
     登頂意欲を掻き立てる標識である。  
     大歳神社を過ぎ、フェンスを開けて播但連絡道を潜り、連絡道沿いを少し進んでから右折する。  
   
     10分ほど歩くと林道終点になり、ここから登山道になる。  
   
     杉林の道は、初めは緩やかだが次第に急坂になっていく。踏み跡は杉の枝で薄くなっているが、標識を見失わない
     ように歩けば問題ない。10時45分:尾根に上がるが、尾根道はピラミッドの稜線なのでここも急坂である。  
   
     11時:植樹林から自然林になる。  
   
     振り返ると、対峙する白岩山と麓にはヨーデルの森が見えた。  
  
     山頂に近づくにつれて岩石が増えていく。  
   
     11時15分:山頂に到着。沢山の岩石は自然のままのように見えるが、違うのだろうか?  
   
     山頂には3等三角点もあり、そこで記念撮影。  
   
     北側には段ヶ峰が近い。南側には木々の間から笠形山も見える。  
 
     山頂から少し南西側に下ると、眼下に盆地状の草原が見えた。
     どうやらここが「拝殿の谷」か。三方が囲まれたすり鉢の底のような空間は、確かに異風で神秘的だ。 
  
     12時:山頂でゆっくりとランチタイムを過ごしてから下山。
     15分で分岐点に降り立ち、登ってきた道には降りずに尾根筋を生野峠に向かって歩いて行く。 
   
     暫く自然林のヤブ尾根が続くがが、回り込みながら進んでいくと阻まれることはない。  
   
     途中、獣避けネットが現れ、それに添って歩いて行く。植樹林も現れる。  
   
     山頂から1時間余歩いたところで明るい自然林になった。  
   
     13時15分:三角点のある460mピークを通過。 気持ちのいい自然林がつづく。 
   
     13時35分:右手に国道312号が見え出したので、降りやすいところを探して国道に降り立つ。
     13時50分:国道を歩いてヨーデルの森駐車場へ戻った。  
   
     播磨にもいろんな山があるものだ。  
   
  播磨の山へ