三瓶山1126m

     島根県大田市三瓶町志学  ROUTE

     松江自動車道三刀屋木次インターから国道54号-県道40号を走って、三瓶山麓の東の原へ。      

     2015/5/14 曇り        MAP     

     コースタイム(周回) 東の原駐車場-(リフト10分)-大平山-(25分)-女三瓶山-(50分)-男三瓶山
                  -(70分)-子三瓶山-(30分)-孫三瓶山-(55分)-大平山-(リフト10分)-東の原駐車場
                                                                   合計 4時間10分

     昨日は比婆山下山後、松江に住む学生時代の友人Yさん宅にお世話になり、この日は三瓶山を案内してもらった。
     Yさんは大山には何百回と登り、三瓶山には今は孫達と登っているという。
     8時45分:東の原のリフトに乗り、標高570mから830mまで一気に上る。  
   
     リフトから100m登って、まず、女三瓶山頂上953mへ。  
   
     山頂から、これから巡る男三瓶山-子三瓶山-孫三瓶山を眺める。  
 
     女三瓶山から男三瓶山に向かって、標高差200を登っていく。  
   
     10時20分:女三瓶山から50分で広い山頂に到着。結構風が強くて肌寒い。  
   
     いい雰囲気の笹原を下って子三瓶山へ向かう。  
   
     写真では分からないが、ガレ場、ザレ場の急坂がつづき、登りではかなりハードだろう。  
   
     標高約860mまで下り、標高差100mを登り返す。振り返ると、男三瓶が雄々しい。  
   
     キンポウゲの咲く花道を登り切ると、11時20分、子三瓶山961mに到着。  
   
     向かい側には女三瓶山と大平山。  
  
     つづいて、孫三瓶山へ向かう。鞍部の「風越」は名の通り、一番風が強かった。  
   
      歩いてきた子三瓶山-男三瓶山を振り返る。  
 
     11時50分:孫三瓶山に到着。風が強いので、少し下った樹林の中で昼食休憩してから下山。  
   
     ミズナラの樹林を歩いて、12時40分、大平山に到着。  
   
     大平山からは、歩いてきた全山が見渡せた。  
  
     花に詳しいYさんからクルマバソウとチゴユリを教えてもらった。  
 
クルマバソウ

チゴユリ 
 
ツボスミレ

キンポウゲ
     結構アップダウンが激しいが、歩いた山並みが何時も見えているので達成感が味わえる、さすがに人気の山である。 
   
5/13(比婆山)ー5/14(三瓶山)ー5/14(烏ヶ山) 
   
  中国の山へ