高砂市域全山縦走

     高砂市阿弥陀町地徳  ROUTE

     国道2号線阿弥陀信号を北進し、鹿嶋神社大鳥居を目指す。大鳥居の周辺が駐車場。      

     2015/ 5/27 晴れ     MAP     

     コースタイム(周回) 鹿嶋神社駐車場-(65分)-中所登山口-(35分)-牛谷登山口-(80分)-日笠山登山口
                  -(55分)-加茂神社-(20分)-生石神社-(35分)-北池登山口-(110分)-高御位山山頂
                  -(95分)-鹿嶋神社駐車場                                合計 8時間15分

     yamayaさんのヒマ山隊7人で、高砂市域全山縦走を行った。
     このルートは、以前、高砂市が主催して何回か実施されているが、当時は未だwebbが普及していなかった所為か、
     紹介されていない。当時は、高砂市総合運動公園を起点にしているが、今回は鹿嶋神社を起点にした。
     8時5分:鹿嶋神社駐車場を出発し、地徳山から南下する。  
   
     大平山には3等三角点がある。  
   
     右手に、これから向かう日笠山連山を望みながら歩いて行く。  
  
     9時10分:中所登山口から下山し、JR曽根駅を越えて牛谷集落に向かう。
     9時45分:牛谷会館の前を通って、山に突き当たったところにある清勝寺坂から登り始める。  
   
     北浜隧道が出来るまでは通学路であった坂を登り切ると尾根歩きになる。途中には大塩城跡の標識。  
   
     10時25分:馬坂峠を越え、起き上がり古木の横を通る。  
   
     10時40分:夫婦岩のある北山85mを通過。  
   
     10時55分:三角点のある日笠山に到着。菅原道真公の座った石を見学。  
   
     11時5分に下山し、国道250号沿いにある黒岩十三仏を見学してから竜山へ向かう。
     12時:加茂神社から竜山に登っていく。  
   
     階段を登り、姫路藩の家老河合寸翁が彫らせたという観涛処を見て、この近辺で昼食休憩し、12時30分、出発。  
   
     12時40分:生石神社の横から展望地に上がる。姫路城が見えるポイントが有るそうだが、霞んで見えなかった。  
   
     12時50分:下山し高御位山へ向かう。2リットル持ってきた水がほとんど空になったので、途中、自販機で補充。
     13時25分:北池登山口から登り始める。  
   
     最初のピークである北山奥山へ向かう。途中、右手を見ると、ミニゴルフコースがソーラー発電所に変わっていた。  
   
     ササユリが咲き始めている尾根を歩いて行くと、次第に高御位山が近づいてくる。  
   
     一度下って、小高御位山への登りになる。  
   
     高御位山の東尾根を登っていく。さすがに疲れていて、一気には登れない。  
   
     15時10分:高御位山山頂304mに到着。水が残り僅かになってしまったので、少し分けてもらい、最後の縦走路へ。  
   
     長尾奥山から鷹ノ巣山へ向かう途中にもササユリが咲いていた。  
   
     振り返ると、高御位山がはっきりと見渡せる。  
  
     南側は高砂市街地と竜山。  
  
     その右手には、朝歩いた地徳山からの山並みと、その後には日笠山連山が垣間見れた。  
  
     鷹ノ巣山から鹿嶋山への岩稜地を歩いて行く。  
   
     16時35分:百間岩を下る。                        16時50分:駐車場へ帰着。
   
     5月だというのに6月下旬の暑さに苦しめらながら、歩行時間8時間15分、歩行距離21,5kmの全山縦走を何とか歩き
     きることができた。  
   
  播磨の山へ