上谷山618m

     宍粟市千種町千草  ROUTE

     千種市民局駐車場から出発する。      

     2015/9/16 曇り    MAP     

     コースタイム 登り 駐車場-(20分)-登山口-(50分)-乢-(10分)-山頂                 合計 1時間20分
              下り 山頂-(20分)-三差路-(15分)-踏込-(15分)-下山口-(10分)-黒土の滝-(40分)-駐車場
                                                                 合計 1時間40分

     9時50分:yamayaさんのヒマ山隊6人で出発。国道を右折し、役小角を祀っているところを上って行く。  
   
     自治会のマップには上谷山は描かれているが、登山道などは記されていない。  
   
     右手に日名倉山を見ながら、NTTアンテナを目指して上って行く。  
   
     10時10分:アンテナを過ぎて、舗装路が終わったところを右に入っていくが、標識も何もない。  
   
     耕作放棄地を過ぎると獣除けフェンスに突き当たるので扉を開けて入っていき、すぐにもう一度フェンスを通る。  
   
     植樹林の杣道になり、荒れた道を直登していく。  
   
     11時:登山口から50分で乢に到着し、自然林の尾根を登っていく。  
   
     11時10分:航空機監視所遺構と3等三角点のある山頂に到着。
     監視所は、戦時中にダルガ峰に飛行場を建設する計画に伴い、設置された戦争遺構とのことである。  
   
     下山路は乢を直進し、植樹林の急坂を下り、次に痩せ尾根を下ると、20分で舗装された林道の三差路に降り立つ。  
   
     林道を左手にとり、15分ほど歩いたところで山道に踏み込む。
     ここには標識がないので経験者がいないと入り口が分からないが、地図を見ると林道をそのまま歩いても少し回り
     道になるだけで、最後は同じ県道154号に行き着くようである。  
   
     途中廃屋のある植樹林を通り、再び雑草の茂った道になる。  
   
     12時5分:15分ほど山道を歩くと県道154号に行き当たり、10分ほどで黒土(くろづち)の滝へ。
   
     黒土の滝は、落差14m、幅12mの豪快な滝で、遊歩道が整備され、対岸には黒龍大神が祀られていた。 
   
 
     滝を見ながら昼食休憩し、13時、出発。
     県道に戻ると、「石の間からでるているシラカシ」の標識があり、横から見ると確かにその通りだった!  
   
     県道を歩いていると小雨が降り出した。そして、茅葺き屋根があった。  
   
     13時40分:千種市民局に帰着。
     地元では宍粟50名山プラスの追加ルートを検討しているそうで、航空監視所遺構と黒土の滝が見どころのこの山も
     候補の一つとのことである。  
   
  播磨の山へ