金香瀬山709.7m

     朝来市生野町小野   ROUTE

     播但連絡道路生野インターから、国道429号を走って史跡生野銀山駐車場(無料)へ。      

     2015/10/21 晴れ   MAP     

     コースタイム 登り 駐車場-(35分)-登山口-(55分)-山頂                       合計 1時間30分
              下り 山頂-(45分)-休憩地ピーク-(35分)-登山口-(30分)-駐車場         合計 1時間50分

     yamayaさんのヒマ山隊11人で、生野銀山のある金香瀬山に登ってきた。
     当初は、駐車場南側の尾根から反時計回りに周回する予定だったが、到着すると南側はマッタケ山で入山禁止に
     なっていたので、北側だけ登ることに変更した。
     9時50分:駐車場を出発。林道を登っていくと、旧坑露頭群案内図があった。  
   
     そして、露天掘り跡や  
   
     坑道入口が次々と現れるので  
   
     見学しながらゆっくりと歩いて行く。  
   
     そして、沢沿いに登っていくと、10時25分、「金香瀬山登山口」の標識が現れたので、そちらへ左折する。  
   
     20分ほど沢沿いに登っていくと、尾根への取付き点になる。  
   
     いきなり急坂になり、30分ほど、滑り落ちないように踏ん張りながらのガマンの登りが続く。  
   
     11時20分:植樹林に閉ざされた山頂に到着。  
   
     写真だけをとり、展望地を求めて直ぐに移動。  
   
     100mほど下り、また100mほど登り返すが、植樹林の暗い尾根が続き、いっこうに展望は開けない  
   
     12時5分:登り返したピークで昼食休憩。  
   
     12時35分:昼食後、これ以上尾根を進むとマツタケ山に入ってしまうので、激下りしながら沢筋に下山。  
   
     沢沿いの杣道を歩いて、13時10分、登山口まで下山し、13時40分、駐車場に帰着した。  
   
     当初の半分の行程になってしまったので、歩いていない南尾根が気になる。
     「ヒルに注意」の標識もあったので、春先が登山適期のようだ。  
   
  但馬の山へ