烏 岳528m-金比羅山539m

     三田市上槻瀬    ROUTE

     JR福知山線三田駅から県道37号を北上し、三田市上槻瀬(かみづきせ)の「もち処つくしの里」駐車場へ。      

     2016/5/7 曇り   MAP     

     コースタイム(周回) 駐車地点-(5分)-ナナマツの森入口-(10分)-東屋-(40分)-行者山-(10分)-烏岳
                  -(60分)-金比羅山-(40分)-上槻瀬砦-(10分)-妙見山-(15分)-駐車地点  合計 3時間10分

     yamayaさん、himayaさんと3人で登る。
     県道37号を挟んで兵庫100山の大船山が対峙しているのがよく見える。
     9時35分:駐車場を出発。  
   
     高平ナナマツの森に入る。                      バイオトイレ  
   
     マッタケヤマの告知                           ナナマツの森の案内  
   
     東屋横を通り                               橋を渡る
   
     「見晴らしの道」方向に歩いて行くが、標識に「烏岳」の名前が書かれていないので進む方向が分かりにくい。  
   
     9時55分:入口から15分歩いて漸く登山道に入るが、急傾斜の階段が続くなかなかハードな道だった。  
   
     10時25分:壊れた祠がある行者山に到着。振り向くと、新緑の樹々間から大船山が見えていた。       
   
     10時40分:少し下って登り返すと3等三角点のある烏岳山頂。眺望はない。  
   
     分岐まで戻り、階段で整備された急坂を下降すると分岐のある乢になるが、ここは金比羅山に向かって登り返す。  
   
     こちらの尾根は整備されていないが、踏み跡がはっきりしているので迷うことはない。
     自然林の尾根でほとんど眺望はないが、一箇所、千丈寺山が見えるポイントがあった。       
   
     転換点からの下降ルートは倒木が多く、乗り越えていく。  
   
     11時35分:下山道のある峠に到着し、ここからは明確な道を登っていく。  
   
     11時50分:山頂直下の金毘羅宮に到着。  
   
     右手から回り込んで山頂に上ったが、山頂を示す標識などは何もなかった。  
   
     12時25分:昼食後下山。  
   
     分岐点の「砦跡から妙見山」標識方向に進む。  
   
     13時5分:室町時代の砦跡に到着し、しばし探索。  
   
     妙見宮のところまで下り、「妙見山からつくしの里」方向へ進む。       
   
     13時25分:目の前につくしの里が見えるところに下山。  
   
     歩いてきた山並みが見える県道37号の東側に車で移動する。
  
     もう少し南側からは、行者山の後ろの烏岳も見えた。      県道の南側に見える羽束山も目を引く姿だった。
   
     600mに満たない低山だが、新緑の自然林なので気持ちいい山歩きが楽しめた。 
   
  阪神・淡路の山へ