宮ノ後871m-十年1039m

     宍粟市波賀町戸倉   ROUTE            

     国道29号線を北上し、戸倉スノーパークを過ぎたところで、大森神社の鳥居付近の広い路肩に駐車する。
     車が複数の場合は、滝流しソーメン処付近にデポ車を配備しておけば、歩行距離を約1.5km短縮できる。      

     2016/7/6 晴れ   MAP     

     コースタイム 駐車地点-(40分)-取付き点-(30分)-点名宮ノ後-(65分)-点名十年
              -(40分)-下山地点-(35分)-デポ車                           合計 3時間30分

     yamayaさんのヒマ山隊4人で登る。
     10時25分:標高約610mの駐車地点を出発し、大森神社から登リ始める。  
   
     神社裏から作業道に入り、40分ほど歩いたところから取り付く。  
   
     植樹林の急傾斜を慎重に登り、尾根に上がるとすぐ、鉄塔跡が現れ、昭和8年の銘板も残っていた。  
   
     快適なミズナラ林の尾根がつづく。  
   
     11時35分:四等三角点のある点名:宮ノ後871.3mに到着。西側には三の丸方面の稜線が垣間見れた。 
   
     高度が上がるにつれて尾根が広がり、ミズナラは巨木化していく。  
   
     広々とした森歩きがつづき、何とも贅沢な気分が満ちてくる。  
  
     12時5分:996mピークに到着し、ここで爽やかな風に吹かれながら昼食休憩。  
   
     12時30分:出発すると、暫くは尾根が狭まり、ブナの巨木林になる。  
   
     次のピークを過ぎると再び尾根が広がり、トチの巨木が現れる。Kさんは、一番大きな木を樹齢360年と推定。  
   
     トチの巨木が林立する森を歩いて行く。  
  
     山頂手前には山上池があり、その上の木にはモリアオガエルの卵がぶら下がっていた。  
   
     13時5分:三等三角点のある点名:十年1039.3mに到着。
     何とも不思議な名前であるが、ピーク自体は見晴らしも、特徴もないところだった。  
   
     13時20分:下山開始。暫くは伐採された間伐が放置されて歩きにくい杉林を下っていく。  
   
     最後は自然林になるが、急坂をトラバースしながら慎重に下っていく。  
   
     14時:林道に出合い、あとは林道歩きになる。  
   
     やまめ茶屋の横を通り、14時35分、国道29号線のソーメン流し処付近のデポ地に帰着した。 
   
     殆ど踏み跡がないので経験者かGPSに頼る必要があるが、流石に氷ノ山の懐地で、自然林の広い尾根が続く
     素晴らしい森歩きが出来るところだった。  
   
 2017/11/3 
   
  播磨の山へ