桜尾山956m

     岡山県津山市加茂町物見   ROUTE

     中国自動車道津山インターから、国道53号ー県道6号を走り、加茂町物見奥集落を過ぎたところに路肩駐車する。   

     2016/9/7日 曇り   MAP     

     コースタイム 登り 駐車地点-(15分)-登山口-(70分)-主尾根-(5分)-山頂             合計 1時間30分
              下り 山頂-(15分)-PK902m-(45分)-堰堤-(10分)-駐車地点             合計 1時間10分

     yamayaさんのヒマ山隊6人で登る。
     11時15分:駐車地点を出発し、林道を入る。案内標識も何もない。  
   
     15分ほど歩くと二差路になるので右手に進む。
     予めGPSにトラックを入れて来たので分かるが、標識がないので分かりにくい。  
   
     11時30分:ミツマタ群生を見ながら、赤テープが巻かれたところから入っていくと、直ぐに急登が始まる。  
   
     植樹林の尾根は一旦落ち着くが、直ぐにまた急登になる。  
   
     途中から薄い笹ヤブを分け進む。  
   
     踏み跡は薄いが、時々赤テープが巻かれている。12時45分、主尾根に上がる。  
   
     12時50分:3等三角点と反射板のある山頂に到着。藪に覆われて景色は見えない。
     反射板の後に空間があったので、ここでランチタイムをとる。  
   
     13時30分:下山開始。主稜線を西に歩いて行く。  
   
     何の標示もないので、GPSを頼りに、 902mピークから、植樹林で薄い笹ヤブの急坂を下っていく。 
     途中で右手の尾根を下っているのに気付き、軌道修正する。
   
     枯れ松の大木の横を通ったが、これが唯一のランドマークだった。  
   
     14時30分:堰堤に下山し、14時40分、駐車地点に帰着した。  
   
     2003年に発行された「岡山の山百選」では山頂から北側に眺望があることや、902mピークから那岐山が見えると
     記載されているが、探索不足のためか気付かなかったのが残念。  
   
  中国の山へ