奥山446m-向山535m

     三田市布木

     加東市から372号線を東進し、篠山市の日置東信号を右折して県道12号-37号を約15km南下し、高平ふるさと
     交流センター駐車場に駐車する。           

     2016/11/21 晴れ   MAP     

     コースタイム(縦走) 駐車地点-(70分)-奥山-(75分)-#15鉄塔-(85分)-向山-(30分)-下山地点  合計 4時間20分

     11時:交流センター裏からスタート。  
   
     獣避け扉を通って、散策道を歩いて行く。余り歩かれていないのか、踏み跡がない。  
   
     尾根に上がると、右手に朽ちかけた金比羅宮があるが、左手を登っていく。  
   
     25分で東屋のある川原砦に上がる。室町時代末期の砦跡とのこと。  
   
     南側に大船山が対峙し、その右奥に羽束山も見える。どちらもよく目立つ山容の山である。  
 
     一旦下り、散策道を左手に見送って、登り返す。  
   
     12時10分:3等三角点のある奥山に到着。  
   
     12時50分:山頂で昼食を取ってから出発。峠近くまで下ったところで、これから登り返す鉄塔のある尾根が現れた。  
   
     尾根を20分ほど登ると展望地になる。  
   
     南側に眺望が開け、大船山が頭を見せていた。  
  
     快適尾根がつづくが、時々倒木帯も現れる。       
   
     14時5分:#15鉄塔。ここから鉄塔巡視路になるのでよく整備された尾根になる。  
   
     14時35分:#14鉄塔。  
   
     #12、#11鉄塔を順次通過。  
   
     15時25分:#11鉄塔通過後すぐに向山の4等三角点標石が現れたので、ここで記念撮影。  
   
     向山標石からすぐに#10鉄塔。北側に大野山の天文台がアップすると写っていた。  
   
     ここから下り、16時、デポ車のある道路に降り立った。  
   
     何回もアップダウンを繰り返すので結構疲れたが、適度に展望地もあるので変化に富んだ山歩きが楽しめた。  
   
  阪神・淡路の山へ