焼山455m−西鎌倉山460m

     三田市藍本 

     国道176号で三田市藍本の下山口近くの空地にデポ車を配車し、波田大師堂に駐車。      

     2016/12/14  晴れ   MAP     

     コースタイム(周回) 波田太子堂−(15分)−登山口−(60分)−点名岩倉−(60分)−焼山−(25分)−西鎌倉山
                  −(60分)−#38鉄塔−(20分)−下山口−(30分)−デポ車           合計 4時間30分

     yamayaさんのヒマ山隊4人で登る。
     10時10分:波田大師堂を出発。途中、これから歩く焼山までの山並みが見渡せた。  
   
     焼山をクローズアップ。  
   
     10時25分:尾根に取り付くと、すぐに気持ちのいい稜線歩きが始まる。  
   
     大岩の点在地を通過し、11時25分、四等三角点:点名岩倉375mに到着。
   
     国有林の管理標柱に沿って稜線を歩いて行くと、焼山が次第に近づいてくる。  
   
     峠まで一旦下って、登り返す。  
   
     倒木で分かりにくくなっている分岐点を右折して山頂を目指すと、12時25分、四等三角点のある焼山山頂に到着。  
   
     山頂からは、西側に、木々の間から虚空蔵山が見渡せた。  
   
     昼食休憩後、12時55分、分岐まで引き返して西鎌倉山に向かう。峠からは送電鉄塔の管理路になり、歩きやすい。 
   
     13時20分:#36鉄塔のある西鎌倉山に到着。ピーク感がないので、どこが山頂かよく分からないところだった。  
   
     一旦下って登り返し、下山尾根に取り付き、転換点を左折する。このあたりが一番わかりにくいところだった。  
   
     松枯れの倒木帯を通過し、分岐点を左折すると、尾根は下り基調になる。  
   
     14時20分:#38鉄塔に到着すると、目の前が開け、鉄塔の向こうに六甲山系が広がっていた。  
   
     東側には西鎌倉山。                         その右手には焼山も見渡せた。  
   
     六甲山最高峰をクローズアップ。                  その右手には雄岡山と雌岡山。  
   
     14時40分:暫し眺望を楽しんでから出発すると、#39鉄塔が現れ、その下をどんどんと下っていく。  
   
     沢沿いを少し歩き、14時55分、舗装路に出合う。       
   
     大谷新池横を下ると、  
   
     ぐちきき地蔵。  
   
     新池の放流路は見事な滝になっていて、そこからサンキュウ牧場に続いていく。  
   
     しばらく一般道を歩き、15時30分、デポ車のある日出坂公民館駐車場に帰着した。  
   
     倒木で歩きにくい所が一部あったが、ヤブはなく、全体としては快適な尾根歩きが楽しめた。       
   
  阪神・淡路の山へ