権現山996m-蓬莱山1174m

     滋賀県大津市葛川坂下町
  
     名神高速京都東インターから、国道161号-477号-367号を走り、花折トンネルを出てすぐの路肩に駐車する。
     (4〜5台の駐車スペースがあるが、冬季以外は閉鎖されている)      

     2017/1/28  晴れ    MAP     

     コースタイム(周回) 駐車地点-(5分)-林道入口-(20分)-登山口-(65分)-アラキ峠-(40分)-権現山
                  -(40分)-ホッケ山-(30分)-小女郎峠-(40分)-蓬莱山-(25分)-小女郎峠
                  -(5分)-小女郎池-(80分)-林道出合-(15分)-国道出合-(15分)-駐車地点  合計 6時間20分

     IHさん、K君、FM君、UK君と5人で、6時に高砂を出発。
     8時10分に目的地に到着すると、既に3台駐車していた。
     8時40分:出発し、国道を5分歩くと林道入口。アイスバーンの雪道になるので、ここからアイゼンを装着する。  
   
     林道歩き15分で登山口の標識が現れるので、そちらに入っていく。  
   
     杉林の中を歩いていくと、途中から自然林になる。  
   
     10時10分:アラキ峠に到着。
     10時25分:凍結した圧雪なので余り沈まないが、念のためワカンを装着して出発。  
   
     11時:樹林帯を抜け、快晴無風の雪原に上がると一気に視界が広がる。  
   
     11時5分:360度の展望が広がる権現山山頂に到着。  
   
     眼下には琵琶湖が広がり、南側には比叡山が見える。  
   
     西側には愛宕山。                          そして、北側には、これから目指すホッケ山と蓬莱山。  
   
     11時20分:蓬莱山に向けて出発。  
   
     12時:ホッケ山山頂1050m。  
   
     ここから蓬莱山に向けて長い縦走が始まる。  
  
     蓬莱山山頂をズームアップ。  
   
     快晴無風の中、広々とした雪原を気持ちよく歩いていく。 
  
    小女郎峠付近の雪原には スキーヤーのシュプールも付いている。  
 
     12時30分:小女郎峠。ここから登りになる。  
   
     権現山からも見えていた山頂は、ここまで来てもなかなか近づいてこない。  
  
     石仏横を通ると最後の登りに入り、あと一息。  
   
     13時10分:蓬莱山山頂に到着。  
   
     広い山頂でゆったりとランチタイムを過ごす。  
   
     北側には武奈ヶ岳が見渡せ、山頂をズームアップすると大勢の人で賑わっていた。  
   
     14時:下山開始。来た道を下っていく。  
 
     琵琶湖の対岸に伊吹山が見えるか探していると、小女郎峠手前の尾根に捉えるポイントが有った。  
 
     14時25分:小女郎峠。                         14時30分:雪に埋まった小女郎池。  
   
     池の左ヘリを歩き、予めGPSに入れた軌跡を見ながらバリエーションルートに入る。
     最初は尾根が広くて方向が分かりにくいので、GPSが頼りになる。  
   
     自然林から急坂の植樹林になり、左手に権現山を見ながら下っていく。  
   
     15時20分:標高が下がると再び自然林になり、前方に皆子山を見ながら、最後は激下り。  
   
     15時50分:林道に降り立ち、15分ほど林道を歩く。  
   
     16時5分:国道365号に出合い、ここでアイゼンとワカンを外して国道を歩く。  
   
     登りの林道前を通り、16時30分、駐車地点に帰着した。 
   
     予想よりハードな尾根歩きだったが、天候にも恵まれ、琵琶湖の絶景を見ながらの雄大な雪原歩きを堪能すること
     が出来た。なお、バリエーションルートは、nakato932さんのヤマレコレポートを参考にさせてもらいました。感謝。        
   
  近畿・北陸の山へ