大 山729m

     鳥取県西伯郡大山町大山    ROUTE

     米子自動車道溝口インターから県道45号線(伯耆街道)を通り夏山登山口付近の駐車場へ。
      (駐車料金:スキーシーズンの平日は500円、休日は1,000円〜1,500円。普段は無料。) 
     ただし、スキーシーズン土曜日の朝8時半に到着したら屋外駐車場は全て満車で、駐車料1500円の屋内駐車場に
     ギリギリ駐車出来た。                  

     2017/3/4   晴れ   MAP     

     コースタイム 登り 駐車場-(20分)-登山口-(90分)-6合目-(70分)-山頂               合計 2時間40分
              下り 山頂-(30分)-6合目-(30分)-元谷-(30分)-大神山神社-(20分)-駐車場    合計 1時間50分

     同行者はK君、UK君、FM君、FT君、Hさん。
     6時に高砂を出発。
     8時50分:駐車場を出発。モンベルを過ぎると、橋の上から白く輝く山頂が見えた。  
   
     9時:登山口に取り付く。                        9時15分:アイゼンを装着して登高開始。  
   
     10時10分:4合目を過ぎると、キラキラした霧氷のブナ林になる。  
   
     10時20分:5合目で小休止して呼吸を整える。 
   
     樹林帯を抜け、10時45分、6合目避難小屋。  
   
     急坂になるが、穏やかな日差しを浴びて真っ白に輝く山頂が次第に近づいてくる。  
  
     左手には三鈷峰が荒々しい。  
  
     右手遠くには弓ヶ浜がボンヤリと見える。             振り返ると、大勢の人の姿。  
   
     大勢の刃で雪が掘られ、アイゼンの葉が立たないところは結構苦労する。  
   
     中央の一番高いところが弥山山頂。  
  
     あと一息。  
  
     11時50分:山頂避難小屋。                       エビの尻尾。 
   
     弥山山頂には大勢の人。                       いつもの記念写真。  
   
     剣ヶ峰の絶景。  
  
     剣ヶ峰に向かう人をズームアップ。                 弥山に帰る人。  
   
     山頂の稜線歩きを楽しんでから、避難小屋周辺でランチタイムを過ごし、13時10分、名残を惜し見ながら下山開始。  
   
     別山に続く尾根を見下ろすと  
  
     人影があったのでズームアップ。  
   
     13時40分:6合目避難小屋前からシリセードで元谷へ下る。  
   
     滑り足りなくて、傾斜が緩くなっても名残を惜しんでいる。  
   
     14時:元谷。  
  
     記念撮影して、下山。  
   
     14時40分:大神山神社。                        15時:下山。  
   
     帰路途中のビューポイントからの伯耆富士。  
  
     春霞で遠望はできなかったが、晴天無風の大山を満喫することが出来た。
   
   2006/10/29  2008/10/28  2009/3/12  2011/4/5  2012/10/27(三鈷峰)  2012/3/29  2013/3/6 
 2014/3/17   2014/10 /25  2015/3/8  2015/5/15(烏ヶ山)  2015/10/25(三の沢)  2016/2/28  2018/3/3
   
  中国の山へ