東 山1388m

     鳥取県八頭郡若桜町吉川

     国道29号線の鳥取県若桜町で、県道72号を不動院岩屋堂方面に入り、吉川集落へ。集落内を通って最奥部の水道
     施設前まで行ける。(が、車の通れるルートが分からなかったので集落入口の路肩駐車し、約1.5km歩いた。)     

     2016/3/25 晴れ   MAP     

     コースタイム 登り 駐車地点-(25分)-水道施設-(120分)-林道出合-(45分)-登山口-(65分)-山頂 合計4時間15分
              下り 山頂-(30分)-登山口-(25分)-下山尾根-(55分)-水道施設-(20分)-駐車地点   合計2時間10分

     朝6時に、IHさん、UK君、FM君、FT君、Hさんと高砂を出発。
     8時20分:駐車地点を出発し、集落を抜け、山へ入っていく。  
   
     水道施設前の除雪終点に、先行者の車が1台止まっていた。
     9時10分:ここでアイゼンとワカンを装着し、杉林に入る。  
   
     GPSに入れてきたルートを確認しながら進んでいくと、目的の尾根が現れ、ここを登っていく。  
   
     急傾斜の痩せ尾根が続き、灌木を回り込んだりしながら登っていく。  
   
     11時10分:林道に出会い、今までと対照的にゆったりとした林道歩きになる。  
   
     10分余歩くと、目の前に山頂へつづく稜線が現れた。  
  
    林道竣工記念碑前を通り、少し歩いてから右折して林道と別れる。  
   
     登山口方向に歩いていき、11時55分、稜線に取り付く。
     林道に先行者のトレースがあったので登山口がすぐに分かったが、トレースがなかったら苦労したかもしれない。  
   
     最初は急傾斜の稜線を登っていく。  
   
     傾斜が緩むと植樹林帯が終わり、ブナの巨木が林立した雪原になる。  
  
    快晴無風の穏やかな中、広々とした雪原を歩いて行く。  
  
     左手に山頂が近づくと、右手前方で氷ノ山がお供をしてくれる。  
  
     最後の登りを踏ん張る。  
   
     13時:山頂に到着し、絶景を目の前に至福のランチタイム。  
   
     北側には扇ノ山。  
  
     その右手には氷ノ山。 
  
     氷ノ山をズームアップ。  
   
     そして、赤谷山や三室山。  
  
     三室山をアップ。                            後山連山をアップ。  
   
     天児屋山から後山連山の山並み。 
  
   南西側には沖ノ山と那岐山。  
  
     鳴滝山方面への縦走路。                        糸白見方面へ下る尾根。
   
     13時50分:左手に後山、右手に沖ノ山を見ながら下山開始。 
  
     頭だけ出したカーブミラー。                      14時45分:先行者のトレースのある尾根を下る。  
   
     登ってきた尾根と同じくらい急坂だが、こちらのほうが広い。  
 
     最後は杉林に入り、沢を渡る。  
   
     15時40分:水道施設前に到着。                    吉川集落の中を下っていく。  
   
     16時10分:駐車地点に帰着。
     天候にも恵まれ、広い雪原歩きと、中国地方東部山並みの大パノラマを堪能した一日だった。  
   
  中国の山へ