広照寺山440m-寺山492m-高畑山482m

     三田市波豆川   ROUTE

     中国自動車道神戸三田インターから県道37号、323号を通って波豆川公民館の駐車場へ。           

     2017/7/12 曇り  MAP     

     コースタイム(周回) 駐車地点-(15分)-登山道入口-(45分)-広照寺山-(30分)-寺山-(35分)-展望地
                  -(45分)-高畑山-(15分)-高畑峠-(55分)-大舟寺-(20分)-駐車地点     合計 4時間20分

     yamayaさんのヒマ山隊5人で登る。
     9時45分:目の前に広照寺山と寺山を見ながら、波豆川公民館駐車場を出発。  
   
     林道に入るが、標識はない。  
   
     電気柵を外して入ると、道には雑草が茂り廃林道化している。 
   
     左手の小池の辺りから取り付くが、目印がなく分かりづらい。  
   
     高温多湿のため吹き出す汗を拭いながら、行く手を阻む灌木を右左に避け、急坂を登っていく。  
   
     10時45分:広照時山に到着。  
   
     尾根を下り、再びプチ藪の急坂を登り返す。  
   
     11時15分:寺山。こちらも眺望はないが、四等三角点(点名:鳥ノ上) がある。 
   
     11時40分:前方が開け、これから登る高畑山とその向こうには鳥飼山が見渡せた。  
   
     不明瞭なルートが続く。  
   
     11時50分:ザレ場の展望地に到着すると、目の前に大船山が現れ、ここでランチタイム。  
   
     12時25分:出発。真っすぐ進んでいるとルートを外していたので、赤テープのところまで引き返し、左手の尾根を下る
     と、奇木が現れた。何の木だろう?       
   
     13時10分:高畑山に到着するも、山頂標識がなかった。  
   
     鳥飼山が見えると、眼下は高畑峠なので、倒木を乗り越えて峠を目指す。  
   
     13時25分:高畑峠に降り立つ。
   
     砂防ダムの管理道を歩き、14時10分、獣避け電気柵を通過。  
   
     樹齢300年以上のニレの木がある大舟寺(だいしゅうじ) に立ち寄る。 
   
     本堂と、風情ある茅葺きの鐘楼。  
   
     波豆川公民館まで戻って寺山と広照寺山の全景が姿を現すと、尾根歩きの苦労が蘇った。  
  
     歩行距離は7.4kmだが、猛暑の中ではハードな山行だった。  
   
  阪神・淡路の山へ