生駒山263m-羽山193m

     赤穂郡上郡町山野里   ROUTE

     国道2号線有年原信号から、国道373号を約6km北上し上郡町市街地へ。コープこうべ西側の山裾に登山口がある。
     登山口前に2台駐車できるスペースが有り、その近辺の路肩にも駐車できるところがある。      

     2017/10/4  晴れ   MAP     

     コースタイム(周回) 登山口-(30分)-生駒山-(45分)-大鳥山-(10分)-一本松-(15分)-大観峰
                 -(20分)-美女平-(20分)-羽山-(25分)-下山口-(5分)-登山口        合計 2時間50分

     千種川に架かる上郡橋辺りから、周回する山並みの全貌が見渡せる。       
 
     登山口前の空地にはすでに2台駐車しているので、周辺に路肩駐車する。
     10時:登山口を出発。 
 
     城跡の解説。                               「低山とはいえ、体力度はA級」と登山道の説明。
   
     緩やかな尾根道で始まる。                      途中道が別れるので「岩ボココース」を登る。  
   
     確かに岩の道がつづく。  
   
     30分で本丸跡に到着。説明によると、駒山城は白旗城の出城として造られたようだ。  
 
     10時45分:双耳峰の奥の方の二の丸跡。             大鳥山へ向かう。  
   
     急坂を下り                                急坂を登る。  
   
     振り向くと、生駒山。                          11時15分:大鳥山280m。  
   
     北東方向の眺望。(白旗山は見えているピークの向こう側)  
  
     次のピークである一本松を望む。                   11時25分:周回ルートで一番高い一本松290.m。
   
     南側の生駒山と、長い稜線の先には上郡町中心部の街並み。  
     次のピークである大観峰280mを望む。               山頂の人物をクローズアップ。  
   
     途中で昼食休憩し、12時5分、大観峰に到着。           一本松を望む。  
   
     ザレた急坂を下り、12時25分、小美女平。  
   
     ここからの生駒山が一番いい姿をしていた。 
  
     12時35分:「関所岩」と名付けられた尾根を塞ぐ岩。  
   
     12時45分:四等三角点(点名:山野里)のある羽山に到着。  
   
     ここから、歩いてきた山並みが一望できた。  
  
     市街地がすぐ下。  
  
     13時:下山。  
   
     13時10分:下山口。                           13時15分:登山口に戻る。 
   
     沢山のピークがあり、変化に富んだ周回ルートだった。
     大鳥圭介の生家がある石戸集落までの縦走路は13kmほどあるようだが、機会があれば歩いてみたいコースだ。     
   
  播磨の山へ