宮ノ後871m-十年1039m

     宍粟市波賀町戸倉            

     国道29号線を北上し、戸倉スノーパークを過ぎたところで、大森神社の鳥居付近の広い路肩に駐車する。
     車が複数の場合は、滝流しソーメン処付近にデポ車を配備しておけば、歩行距離を約1.5km短縮できる。        

     2017/11/3 晴れ   MAP     

     コースタイム  駐車地点-(40分)-取付き点-(25分)-点名宮ノ後-(70分)-点名十年
              -(40分)-下山地点-(20分)-デポ車                           合計 3時間15分   

     十年は、昨年の夏に登った時、次は紅葉の季節に来ようと思った山である。
     今年8月に選定された宍粟50名山別選5にこの山が入ったこともあり、山仲間を誘って登ることにした。
     同行者は、M夫妻、IHさん、Hさん、FM君、UK君。
     流しソーメン処付近にデポ車を配置し、9時15分、大森神社から出発。標高は約600m。       
   
     30分余林道を歩き、9時50分、標識のところから尾根に取り付く。  
   
     急坂を10分ほど登ると尾根に上がる。  
   
     直ぐに紅葉の尾根歩きが始まる。  
   
     10時15分:4等三角点点名:宮ノ後山871mに到着。木々の間から三の丸付近の稜線が見渡せた。  
   
     快適な尾根歩きで、少しづつ標高を上げていく。       
   
     境界尾根が近づくと、どこでも自由に歩ける広々とした尾根になる。  
  
     10時50分:996mピーク。地図では木々の隙間から見えるところに天滝があるはずだが、確認できなかった。 
   
     ブナの大木が見事な境界尾根。紅葉も見事。  
  
     快適に歩いていく。  
  
     11時10分:トチの巨木林。一番大きい木は推定樹齢360年とのこと。  
   
     素晴らしい樹林!  
  
     あとひと頑張り!  
  
     11時20分:ほとんど水が枯れた山上池。 
   
     11時30分:3等三角点のある山頂に到着。             カメラの三脚もある。  
   
     記念撮影。                                木々の間から見える南西方向の山並み。  
   
     少し戻って、下山路の標識の辺りで昼食休憩。  
   
     12時20分:下山開始。                         12時35分:TVアンテナを通過。  
   
     急坂だが気持ちのいい尾根を下っていく。  
   
     13時:左折標識があり、下るとすぐに作業道終点に降り立った。  
   
     13時10分:林道宮ノ後線に降り立ち、10分でデポ車のところに到着。  
   
     たおやかな自然林の森の、素晴らしい紅葉を楽しむことが出来た。  
   
2016/7/6 
   
  播磨の山へ