虚田山378m

     佐用郡佐用町久崎

     国道373号線を北上し、久崎三差路信号を過ぎて笹が丘橋を左折する。千種川左岸の舗装路を約1km北上し、
     笹ヶ丘荘(佐用町の宿泊施設)駐車場に駐車する。      

     2018/2/21 曇り  MAP     

     コースタイム(周回) 駐車場-(40分)-浅瀬山城跡-(40分)-虚田山-(20分)-390mPK-(45分)-林道出合
                  -(50分)-佐用衛生公苑-(25分)-駐車場                      合計 3時間40分

     yamayaさんのヒマヤマ隊6人で登る。
     10時10分:駐車場を出発し、かって日本一の長さを誇ったすべり台の横を上っていく。  
   
     浅瀬山城跡への遊歩道案内図のところから遊歩道に入る。  
   
     広い散策道を約40分歩く。  
   
     10時50分:山頂展望台に到着。ベンチの前には図根三角点があった。  
   
     北側が開け、大撫山や高倉山が見渡せた。  
  
     大撫山をアップ。                            山頂の天文台も見えた。  
   
     虚田山(おそだやま)への縦走路への入口は、掘割に一旦降りるが、ここが急坂で分かりにくかった。  
   
     慎重に掘割を下ると、あとは快適な尾根歩きになる。  
   
     20分ほど歩くと丸いピークが現れ、山頂には図根三角点もあるが、そこはまだ虚田山ではなかった。  
   
     11時40分:3等三角点のある虚田山山頂に到着。山頂は伐採されているが、周囲の木は残っているので眺望はない。  
   
     12時10分:山頂で昼食休憩後、「下山路」の標識に従って出発。  
   
     快適な尾根歩き20分で、山頂表示も眺望もない390mPKに到着。  
   
     390mPKを過ぎると踏み跡が次第に消えていく。
     12時45分、林道が現れるがそちらではなく、左手の藪化した方に「下山路」の標識があるのでそちらに進む。  
   
     ルートが消えて暫く藪を彷徨う。あらかじめ「佐用ハイキング」のルート図を参考にGPSにルートを入れていたので、
     これを見ながらルートを探していく。  
   
     彷徨うこと20分でルートに復帰。  
   
     13時15分:林道に出会う。  
   
     少し歩くと、コンクリート舗装されているが、崩壊が著しい林道に出会う。  
   
     13時40分:山神社まで下山し、ここでティータイム。         佐用衛生公苑(し尿処理施設)前を過ぎる。
 
     車で通った舗装路を歩き、14時30分、笹が丘荘駐車場に帰着した。  
   
     登山口から浅瀬山城跡までは散策道、浅瀬山城跡から虚田山までは登山道。その後はヤブルートで、ある意味
     変化に富んだルートだった。
   
  播磨の山へ