蘇武岳1074m

     美方郡香美町村岡区大糠   ROUTE

     国道9号線を北上し、香美町の道の駅村岡ファームガーデンを目指す。                

     2018/2/24  曇り   MAP

     コースタイム  登り 駐車場−(80分)−5合目−(40分)−7合目−(55分)−山頂        合計 2時間55分
               下り 山頂−(30分)−7合目−(25分)−5合目−(55分)−駐車地点       合計 1時間50分    

     同行者は、IHさん、IM君、K君、UK君、FT君、FM君、Hさん。
     8時50分:駐車場を出発。登山口付近は、雪解けが進んでまだら模様。 
   
     3合目辺りから地肌が見えなくなり、雪山らしくなってきた。  
   
     9時45分:山頂が姿を見せる。残念ながら今日は樹氷は出来ていないようだ。  
  
     5合目付近までは緩やかな登りがつづく。  
   
     6合目から傾斜がきつくなり、山歩きらしくなっていく。  
   
     10時50分:7合目(馬の背)に到着すると、一気に視界が広がり、山頂までのルートが一望できる。  
   
     そして、振り向くと瀞川山や鉢伏山が対峙。氷ノ山や扇ノ山も見えているるはずだが、今日は黄砂で霞んでいる。  
  
     気持ちのいい雪原歩きになり、11時20分、林道に出合う。  
   
     山頂への最後のひと登り。  
   
     東側には但馬中央山脈の妙見山1139m。  
  
     11時45分:寒風が吹き抜ける山頂に到着すると、先着のグループが風を避けてランチタイム中だった。 
     とりあえず、記念写真を写し、我々も無風地帯に避難してランチタイムをすごす。 
   
     12時40分:同じ道を下山。下山は1時間50分だった。  
     樹氷や景色が見えないのが残念だったが、楽すぎず、厳しすぎずの適度な雪山ハイキングが楽しめた。
  2013/5/8    2015/10/31  2016/3/12
   
  但馬の山へ