天狗岳2646m

     長野県茅野市豊平   ROUTE            

     中央自動車道諏訪インターから、国道152号−192号を東進し、途中南下して尖石縄文考古館前を通って唐沢鉱泉
     へ。諏訪インターから唐沢鉱泉までは約22kmで、桜平への分岐点からの3.5kmは未舗装路だがダートではない。
     唐沢鉱泉駐車場は無料で20台ほど駐車できる。      

     2018/8/21 曇り  MAP     

     コースタイム(周回) 駐車場−(70分)−渋の湯合流点−(50分)−黒百合フュッテ−(5分)−中山峠
                  −(75分)−東天狗岳−(20分)−西天狗岳−(150分)−駐車場         合計 6時間10分

     20日は河童の湯で入浴後、3食分の食料を調達し、夕方5時頃唐沢鉱泉駐車場に入った。
     平日なので車は少なく、バーナーで湯を沸かして夕食。ロケーションはイマイチの駐車場だが、アルコールを飲みなが
     らの一人食事会は開放感がある。
     21日朝6時25分:朝食を済ませてから出発。  
   
     唐沢鉱泉前を真っ直ぐに進むと指導標があり、右手の橋を渡る。  
   
     すぐにシラビソの登山道。                       昨日下った渋の湯への道より荒れている。  
   
     7時40分:渋の湯からの道と合流。  
   
     8時25分:黒百合フュッテ。                       8時35分:中山峠。  
   
     右手に進んで東天狗岳に取り付く。岩場に上がると山頂付近が見渡せたが、西天狗岳は雲の中から出てこない。  
   
     山頂が近づいてくる。  
   
     9時25分:黒百合フュッテ前から登る道と合流。           山頂は近い。
   
     9時40分:東天狗岳山頂2640mに到着。残念ながら見晴らしは完全に閉ざされていた。  
   
     10時:西天狗岳に向かう。  
   
     10時20分:西天狗岳山頂2464m。  
   
     10時30分:視界が広がりそうもないので下山開始。はじめは石の道が続く。  
 
     20分ほどで樹林帯になる。               11時:晴れていれば南八ヶ岳の山並みが見えるはずの第2展望台。
   
                                            11時30分:同じく第1展望台。
   
                                            12時5分:分岐を唐沢鉱泉へ進む。
   
                                            12時50分:唐沢鉱泉に帰着。
   
     雲に覆われて眺望がなかったのが残念だが、思っていたより変化のある山歩きが楽しめた。
     下山後、唐沢鉱泉で入浴。鉱泉のためか石鹸の泡立ちがなかったが、秘湯の雰囲気がある。
     花は昨日より咲いていた。  
 
ミヤマトリカブト
 
ウメバチソウ
 
ミヤマコゴメグサ
 
トウヤクリンドウ
       
   
  2008/9/9〜9/10赤岳  2018/8/20中山  2018/8/22硫黄岳  2018/10/8北横岳  2018/10/9-10/10赤岳
   
  関東・甲信越の山