仏ノ尾1227m-青ヶ丸1240m

     美方郡香美町小代区佐坊    ROUTE

     国道9号線の香美町村岡区和田の小代口信号から国道382号線に入り、小代区貫田から集落内をの舗装路を上
     っていき、佐坊集落まで進み未舗装の林道仏ノ尾線に入る。道はダート。無雪期は登山口まで車で侵入できるが、
     積雪期は途中の路肩に駐車する。何箇所か車を回転できる広いところはある。      

     2019/3/24 曇り時々小雪    MAP     

     コースタイム 往路 駐車地点-(40分)-登山口-(60分)-栗の巨木-(60分)-仏ノ尾-(30分)-PK1144m
                  -(10分)-PK1153m-(30分)-青ヶ丸                         合計 3時間50分
              帰路 青ヶ丸-(20分)-PK1153m-(10分)-PK1144m-(40分)-仏ノ尾-(30分)-栗の巨木
                  -(25分)-登山口-(25分)-駐車地点                         合計 2時間30分

     同行者は、IHさん、FM君、FT君、TR君。
     朝6時に高砂を出発し、播但道を走り、6時20分、駐車地点に到着。
     8時40分:標高焼く580mの駐車地点を出発。昨夜の降雪で数センチ積雪した林道を登っていく。  
   
     9時20分:登山口。ここから各自持ってきたスノーシューかワカンを装着。
     標識を左手方向に上っていくが、途中に分岐があるので間違わないように注意する。       
   
     雪原を通過。左端を歩いていくと、登山道の標識がある。  
   
     30分ほど登ると、栗の巨木に到着。標高約800m地点。  
   
     この辺りから10センチほどの新雪の下が、融雪でアイスバーンに仮した道を登っていく。  
   
     次第に傾斜が増していくと、スノーシューは大丈夫だったが、ワカン組がアイスバーンに刃が立たずに滑り出して
     悪戦苦闘。アイゼンを車に残してきたことを悔やむ。  
   
     11時20分:仏ノ尾山頂に到着。空が暗くなり、小雪が舞い始めたので先を急ぐ。  
   
     下ってから緩い上りに入ると、ブナの巨木のある雰囲気のいい霧氷林になる。  
   
     1144mピークあたりが素晴らしい。  
  
     木々の間から青ヶ丸が見えた。そして、左手に10分ほど歩くと1153mピーク。12時10分、ここでランチタイム。  
   
     12時40分;仏ノ尾登頂に苦戦したワカン組の2人は周辺散策しているとのことなので、3人で青ヶ丸に向かう。       
   
     高低差約100mを登っていくが、山頂直下の急傾斜が厳しく、ピッケルがあればと思った。  
   
     13時10分:青ヶ丸山頂に到着。       
   
     北東方向には仏ノ尾が対峙。  
   
     北西方向の扇の山は山頂がよく見えない。             東方向の瀞川山も雲に隠れている。       
   
     13時40分:これ以上待っても眺望は良くならないので下山開始。急傾斜地はシリセードも活用して下る。  
   
     途中、扇の山の山頂が見えたので、アップにすると山頂避難小屋が写っていた。  
   
     14時10分:1144mピーク。やはりこの辺りが一番いい雰囲気だ。  
  
     14時45分:仏ノ尾に帰着。散策組と合流し、全員で記念写真。  
   
     下山は早い。                               16時10分:駐車地点に帰着。  
   
     仏ノ尾には3年前の無雪期に訪れ、その時から積雪期の青ヶ丸への縦走をいつか果たしたいと思っていたが、
     ようやく実現。素晴らしい縦走尾根だった。  
   
  2015/9/7
   
  但馬の山へ