扇ノ山1310m

     鳥取県八頭郡若桜町諸鹿大字広留野    ROUTE

     国道29号線八頭町富江で、「扇ノ山登山口」標識のある県道37号に入り、3kmほど進むと県道が左に折れるところを
     直進して「ふるさとの森」を目指し、7kmほど進むと「広留野」への分岐標識が現れるのでここを右折する。数年前に
     新たに造られた立派な道路を約4km走ると広い農地が現われ、その突き当りの付近の路肩に駐車する。        

     2019/4/28 晴れ    MAP     

     コースタイム(周回) 駐車地点-(90分)-畑ケ平登山口-(95分)-山頂-(60分)-ふるさとの森登山口-(80分)-駐車地点
                                                                合計 5時間25分

     残雪と新緑を楽しもうと、IHさん、FM君、UK君、TR君と5人で、朝6時に高砂を出発。
     8時20分:標高約880mの広留野に到着。氷ノ山の山頂小屋もはっきりと見渡せる。
     8時45分:山支度をして出発。  
   
  
  
     分岐を右手に進む。(左の道は周回してきた帰路の林道)     9時:来見野橋。雪解け水が音を立てて流れている。
   
     9時25分:林道出合。  
   
     実際は残雪箇所は少なく、地肌の区間の方が長い。       山頂避難小屋を遠望。
 
     10時15分:畑ケ平(はたけがなる)登山口。ここから残雪がつづくが、ツボ足のままで歩く。  
   
     平坦な雪原なので、ルートを間違わないようGPSで確認しながら進んでいく。       
   
     11時25分:山頂への高低差約100の東斜面を、山頂を目指してショートカット。  
   
     避難小屋を目指して登っていく、このルートの一番楽しいところだ。  
  
     小屋がぐんぐんと近づいてくる。  
   
     11時50分:山頂に到着。  
   
     氷ノ山と陣鉢山が綺麗に見えた。  
  
     13時:ふるさとの森方面へ出発。正面に仏ノ尾と青ヶ丸を見ながら下っていく。  
   
     最初はルートの左手を下り始めたので、途中から修正。      山頂を振り返る。  
   
     雪がなくなる。  
   
     14時:ふるさとの森登山口。                      周回ルートの林道へ。  
   
     この林道も実際は残雪箇所より雪のないところのほうが長かった。  
   
     途中でショートカットして薄いヤブ歩き。1.5kmほど短縮できたので、30分以上の時短もできた。  
   
     泥濘んだ林道に降り立つ。                        泥濘の道がつづく。
   
     15時15分:分岐点に戻る。                        15時20分:駐車地点に帰着。
   
     一昨年に来た時よりも新緑の芽吹きが遅く、残雪は少なかったが、山頂東斜面の残雪が十分にあったので楽しめた。
     山支度を解いてから少し手前の大鹿滝を見に行く。
     標柱のところを左折し、少し下ると滝見物客の駐車場があった。  
   
     3つの滝を全て見るには2時間ほどかかるようだ。大鹿滝まで高低差100m程を10数分で下る。       
   
  轟音を轟かせる落差22mの大鹿滝。                     水しぶきを浴びながら記念写真。
       
     滝の裏側に回れる。
    
     山歩きで疲れた足には帰りに上っていくのが辛かったが、一見の価値がある滝だった。  
   
   2013/11 /2(小ずっこ)   2017/3/11(姫路)  2017/5/4(広留野)  2018/4/1(姫路)  2018/4/29(上山高原)
   
  中国の山へ