立山3015m-別山2880m

     富山県立山町   ROUTE            

     富山鉄道立山駅からケーブルカー、シャトルバスを乗り継いで室堂平へ。                   

     2019/5/10-11 晴れ    MAP     

     コースタイム(周回) 室堂平-(80分)-一の越山荘-(75分)-雄山-(60分)-大汝山-(90分)-真砂岳
                  -(75分)-別山南峰-(25分)-剣御前小屋-(65分)-雷鳥沢キャンプ場-(85分)-室堂平  
                                                                合計 9時間15分

     連休中に鹿島槍ヶ岳への山行を計画していたが、天気と日程とが合わず断念し、連休明けの立山山行に変更した。
     同行者は、IHさん、FM君、UK君、TR君。
     朝6時に加古川を出発し、12時20分富山鉄道立山駅前駐車場に到着。
     12時50分の立山ケーブルカーに乗り、美女平でバスに乗り換えて14時に室堂平へ。
     室堂平は大谷ウオークの観光客で賑わっていた。
   
     14時35分:室堂ターミナルの受付で登山届を提出し、一の越山荘に向けて出発。
     好天気に緩んだ雪上をツボ足で登っていくが、踏ん張りが効かないので結構疲れた。
     15時55分:一の越山荘に到着。
     本日の宿泊者は我々5人とあと1名とのことで、連休明けの平日は思いの外静かなようだ。  
   
     18時45分:山荘前に出ると、大日岳方面に沈む夕日が綺麗だった。  
  
     11日朝4時40分、ご来光は雄山に阻まれて見えないが、南側に広がる北アルプスの峰々が朝日に染まっていた。
     単独行の方がドローンで動画撮影していて、見ていると、素晴らしい映像がモニターに映されていた。 
  
     6時10分:カップラーメンで朝食を済ませ、雄山に向けて出発。 
   
     残雪は氷点下の冷え込みでカチカチに凍結しているので、雪のない岩稜部を登っていく。
     夏道が雪の中のところの登路を探しに手間取りながら、7時25分、雄山に到着。 
   
     神社のある雄山山頂で記念写真。
   
     東側の山並み。  
  
     南側の峰々。  
  
     槍ヶ岳と穂高連峰をアップ。                      笠ヶ岳。  
   
     赤沢岳と燕岳との間の山々。                       笠ヶ岳の右手の山々。
    
     西側には室堂と大日岳。       
  
     北側には、これから歩く尾根とその向こうに剣岳。  
  
     夏道が通れないので雄山神社の岩場から下る。  
   
                                           8時45分:立山最高峰の大汝山3015m  
   
     雪に埋もれた休憩舎。                         富士ノ折立へ向かう。  
   
     この辺りで白馬岳方面の山並みが見渡せた。  
  
     真砂岳への緩やかな稜線。                       10時15分:真砂岳に到着。
   
     雷鳥には何度も出逢う。  
   
     人間は天敵とは思っていないようで、近づいても逃げない。            
   
     こんなにいい天気の日に堂々と姿を見せているのに驚くが、これはライバルが縄張りに侵入しないようにする
     示威行為だとか。  
 
     別山への登り。 
   
     高低差150m程だが疲れた足には厳しい。             11時30分:別山南峰2874m。  
   
     歩いてきた立山の稜線を振り返る。       
  
      北側に対峙する剣岳2999m。 
  
                                           12時5分:剱御前小舎。  
   
     12時40分:昼食休憩後下山。                     ナイフリッジの稜線は一方通行。  
   
     雷鳥沢を一気に駆け下り、13時45分、雷鳥沢キャンプ場に降り立つ。  
  
     14時15分:雷鳥荘前。                         14時50分:みくりが池温泉前。       
   
     みくりが池。                               15時10分:室堂ターミナルに到着。  
   
     15時30分:大勢の観光客に紛れて立山駅行きバスに乗車して下山した。
     この季節は、朝の冷え込みによるアイスバーンと日中の暑さによる踏み抜き地獄の落差が大きい。
     アイゼンとピッケルは持参しただけで使う場面はなかったが、少しの状況の違いで無くては通過できないこともありうる
     ので、やはり両方共必需品だと思う。  
   
  2010/7/29-7/31   2013/8/7-8/9  2018/5/10-5/11
   
   
  北アルプスへ