曽爾高原-二本ボソ996m

     奈良県宇陀郡曽爾村    ROUTE

     道の駅針T・R・Sから国道369号線を約30km南進し、曽爾村に入ってから県道82号を約6km走って曽爾高原駐車場へ。     広い駐車場で駐車料金は800円だった。      

     2019/11/1 晴れ    MAP         

     コースタイム   登り 駐車場-(40分)-亀山峠-(30分)-二本ボソ                 合計 1時間10分
               下り 二本ボソ-(20分)-亀山峠-(30分)-駐車場                 合計     50分

     12時20分:同行者1名と駐車場を出発。 
   
     少し歩くと  
   
     曽爾高原。平日なのに大勢の人が登っている。  
   
     目の前にすすきの草原が広がる。この景観を維持するために年3回山焼きをしているとのこと。
     因みに今年の3回目は明日行われるようだ。  
  
     振り返ると、すすきが銀色に輝いている。  
  
     夜になると灯籠が灯されるとのこと。  
   
     亀山峠に向かう。  
   
     ゆったりとした景色を見ながら登っていく。  
  
     13時:亀山峠。目の前には屏風岩から兜岳-鎧岳の荒々しい稜線が対峙している。  
  
     山頂を目指す。  
   
     火山の山らしく、途中、岩場を登っていく。  
   
                                           山頂手前に料金所があり、入山料500円を払う。  
   
     13時30分:二本ボソ山頂996m。目の前に日本300名山の倶留尊山1038mが聳えている。  
   
     その右手には関西100名山の2座が見渡せた。  
  
     相方が曽爾高原でお待ちかねなので、倶留尊山は断念して下山。  
  
     14時20分:曽爾高原に下山。  
   
     夕日に映えるすすきケ原を見るにはまだまだ時間があるので、高原散策をしながら下山。 
   
     晴天に恵まれ、ゆったりとした高原歩きが楽しめた。  
   
  近畿・北陸の山へ