普賢岳1359m

     長崎県雲仙市小浜町雲仙    ROUTE

     雲仙市の国道251号線から県道128号線(雲仙千々石線)に入り、国道57号線から雲仙仁田峠循環道路を走って
     仁田峠へ。雲仙ロープウエイ仁田峠駅の手前に大きな駐車場がある。
     ロープウエイは高低差174mを4分で妙見岳駅に上がる。  

     2019/12/4 晴れ    MAP     

     コースタイム 登り 妙見岳駅-(5分)-妙見神社-(40分)-紅葉茶屋-(30分)-普賢岳山頂      合計 1時間15分
              下り 山頂-(30分)-紅葉茶屋-(20分)-あざみ谷-(30分)-駐車場            合計 1時間20分

     同行者1名。
     国道57号線から仁田峠循環道路に入り、途中の第2展望所に立ち寄ると、普賢岳の右側に平成新山が大きく聳えて
     いるのが見えた。  
   
     9時40分:駐車場で山支度を整え、ロープウエイ駅へ。  
   
     ロープウエイは高低差174mを4分で妙見岳駅へ上がる。  
   
     10時5分:ロープウエイ駅を出発。少し登ると平坦な道になり、すぐに妙見神社。  
   
     昨夜は氷点下になったようで、霜柱ができていた。  
   
     普賢岳1359mの後に平成新山1483m。平成新山は1990年11月17日に、普賢岳東側山腹から噴火が始まり、1995年
     に停止するまで夥しい溶岩を噴出し、普賢岳より124m高い溶岩ドームの山になった。  
  
     左手には国見岳1347m。  
   
     急坂を高低差約100m下ると、鬼人谷口。  
   
     周回路には入らず、10時50分、標高1180m紅葉茶屋。  
   
     溶岩の急階段を登っていく。                     登り切ると普賢神社で、山頂は右手すぐ上にある。  
   
     11時20分:1等三角点のある普賢岳山頂に到着。  
   
     天気はよく、麓まで見渡せた。  
   
     そして、東側には平成新山。  
  
     手前の白い帯は霧氷沢の霧氷だ。せっかくなのでそこまで見に行く。  
   
       
   
     11時40分:下山開始。対峙する妙見岳が綺麗に見える。  
  
     12時10分:紅葉茶屋に降り立ち、あとは穏やかな散策道を歩く。  12時30分:あざみ谷。
   
     最後は少し上り道になり、13時、仁田峠駐車場に帰着。  
   
     ロープウエイに乗ってのハイキングだったが、普賢岳への登路と山頂からの平成新山の姿は、活火山の荒々しさを
     感じさせてくれた。       
   
  九州の山へ