日付順登山記録

      2018年

 5/12 大辻山   富山県 イワカガミとイワウチワの咲き乱れる道を約2時間登ると、剱岳や立山連峰の展望台に到着し、絶景を楽しんだ。 
 5/10-5/11 立 山   富山県 残雪の立山を周回しようと出かけたが、直前の降雪で別山で引き返す。気持ちのいい新雪歩きを堪能した。 
 4/29  扇ノ山  兵庫県・鳥取県  昨年は広留野から登ったが、上山高原からのルートも新緑と残雪のコラボが楽しめるルートだ。 
 4/27 有馬富士   兵庫県 OB仲間と登る。共生センターから登る。南側のルートと違ってアップダウンがあるルートだった。 
 4/21 向 山   兵庫県 ヒカゲツツジ満開の情報で駆けつけたが、殆ど終盤の様相。しかし、時々可憐な花が残っているのも愛おしい。 
 4/8 西谷山-岳山-茅野   兵庫県 赤穂藩の飛び地だった西谷公園からの周回尾根を歩いたが、9峰もあるなかなかハードな稜線歩きだった。 
 4/3 飯野山   兵庫県 赤松氏の飯野山城があった低山だが、予想以上の急坂があり、変化が楽しめた。桜を愛でながら川辺を戻った。 
 4/1 扇ノ山   鳥取県 八頭町姫路から登る。林道は一部アスファルトが見えていたが、尾根に上がると真っ白な世界になった。 
 3/28 秋葉山   兵庫県 宍粟50名山別選の山。群生しているコウヤミズキが満開だった。対峙する二反沢峠のコウヤミズキも見事だった。
 3/14 明寺台   兵庫県 鴨池から網引湿原と明寺台(4等三角点点名)に登る。春の日差しを浴びながらのプチ藪歩きのハイキング。
 3/3 大 山   兵庫県 穏やかな晴れで、9合目から風が強くなったが、純白の大山を満喫した。 
 2/24 蘇武岳   兵庫県 登山口の雪は少なかったが、登るにつれて雪山らしくなっていった。樹氷が見れなかったのが残念。 
 2/21 虚田山    兵庫県 登山口から浅瀬山城跡までは散策道、浅瀬山城跡から虚田山までは登山道。その後はヤブルートだった。 
 2/17 氷ノ山   兵庫県 風速20mの吹雪に阻まれて氷ノ山越で敗退。冬山は厳しい。 
 2/11 三室山   兵庫県 前日の雨で歩きにくくなっていたが、登るほどに雪が深くなり、頂上付近は真っ白な霧氷林で、冬の三室山を堪能。 
 2/7 坂越尾崎連山   兵庫県 赤穂市坂越の標高200m前後の山が連なったところだが、遊歩道が整備されて景色のいいところだった。 
 2/3 赤谷山   兵庫県 適度に積雪したトレースのない新雪を、気持ち良く歩いてきた。山頂で360度の大展望が得られなかったのが残念。 
 1/18 千ヶ峰   兵庫県 雪上ハイキングを期待していたが、ほぼ完全に溶けていた。 
1/6 東 山 兵庫県 適度な積雪量で、気持ちのいいスノーハイキングが楽しめた。雪山のウオーミングアップに最適な山だ。
 1/11 善防山-笠松山   兵庫県 善防公民館からの新ルートを周回。善防山山頂は綺麗に整備され、良いルートが出来ていた。 

2017  2016  2015   2014  2013   2012   2011   2010   2009   2008   2007   2006−2000

 

home