明神山668m

   姫路市夢前町莇野   ROUTE

   県道411号線(山之内莇野姫路線)の夢前町莇野(あぞの)の神元神社前で東進し、
   約1km進んだところに車数台が止められる駐車地がある。                

   2023/12/2 晴れ   MAP     

   コースタイム(周回) 登り 駐車場‐(10分)‐AK登山口‐(50分)‐西の丸‐(70分)‐山頂  
                                    合計 2時間10分
              下り 山頂‐(60分)‐大観峰‐(30分)‐河鹿登山口‐(10分)‐明神滝‐(20分)‐駐車場
                                   合計 2時間 

   同行者は、UK君、FM君。
   9時20分:駐車場を出発。本日の予定ルートはAKコース→河鹿コースの周回。  
   
   ドッグカフェの前を通って獣除け扉を入り、少し歩くとAKコース登山口。 
   
   林道を少し上るとロープがあり、ここを登って尾根に取り付く。  
   
   急登の尾根を登っていき、岩場が現われる。  
   
   岩場の上に上がると左前方に山頂が現れる。  
   
   山頂を見ながら登っていくと、南側に瀬戸内海までの眺望が開ける。  
   
   さらに登っていくと、10時20分、西の丸に到着。ここで夢やかたからのルートと合流する。  
   
   西の丸を出発すると、すぐに見事に色付いたカエデが出現。 
   しばし、オレンジ色の素晴らしいグラデーションに見入る。 
  
   山頂を前方にとらえながらの登りは、最初は緩やか。  
   
   Bコースと合流し、馬谷(もうたに)コースとも合流。  
   
   そして、次第に傾斜が増していく。  
   
   11時35分:山頂に到着。  
   
   北側の眺望。那岐山や後山などの1000m峰は雲の中だった。  
  
    東側の眺望。先週登った七種薬師峯が目の前すぐに見えていた。 
 
   南側の眺望。何とか瀬戸内海も見えていた。 
 
   12時35分:河鹿(かじか)コースを下山。  
   
   途中の展望所から眼下に、歩いてきた稜線が見渡せた。  
  
   お助けロープの助けを借りながら大観峰まで下っていく。  
   
   13時40分:大観峰からの眺望。歩いてきた稜線と、左手に神元神社コースの稜線が広がっている。  
  
   登山口への急坂を慎重に下り、14時10分、河鹿コース登山口に下山。  
   
   明神滝に立ち寄るが、水はチョロチョロ。 獣除け扉を出て、14時45分、駐車場に帰着。
   
   上部の黄葉は終わっていたが、下部の黄葉は残っていて、晩秋の明神山を満喫することができた。 
                    yamareco 
   
2010/12/18(C-A)   2012/11/21(大明神-AU)  2014/1/24(河鹿‐神社 
 2014/2/1(T字尾根-Vキレット)  2022/11/21(河鹿‐神社) 
   
  播磨の山へ