増位山259m 

      姫路市白国        ROUTE

      JR野里駅から随願寺を目指して車を走らせる途中にある風羅堂跡地に駐車する。 

      2011/11/15 晴れ    MAP 

      コースタイム 登り 駐車地点‐(40分)‐増位山山頂‐(20分)‐随願寺‐(40分)‐広峰神社 合計 1時間40分
               下り 広峰神社‐(30分)‐西尾根分岐‐(30分)‐駐車地点            合計 1時間

      近隣にある兵庫100山の増位山へ。

      何ヶ所かある登山口の内、東尾根コースから登って西尾根コースから降りることだけ決めて、東尾根登山
      口付近の駐車スペースを探していると、案内図や猪注意の立て札が目に着いた。  
   
      猪注意の立て札の向かい側に空き地があったので車を入れると風羅堂跡地との表示があり、車を止めて
      も良さそうな雰囲気だったのでここに駐車。
      9時30分: 登山口を探しながら出発したが、分からないので適当に登っていく。 
   
      適当に歩いていると整備された道に出たので登っていくと尾根筋になり、左に行けば随願寺との標識が出てきた。
      間違いなかったようだ。  
   
      暫く歩くと木が伐採されて鉄塔が立てられている所に到着。 西側には西尾根とその向こうに広峰山も見える。 
   
      前方には市川周辺の市街地が広がっている。
      少し眺望を楽しんでから出発。可愛い標識が歩いた距離を教えてくれる。  
   
      10時10分:増位山山頂に到着。 
   
      東側に展望が開け、我がホームグラウンドの高御位山がくっきりと聳えていた。 
 
      その南には市川から瀬戸内海まで見渡せた。  
 
      5分ほど歩くと有明の峰。 
   
      梅林を通って、姫路城主榊原政邦の墓所前を通って、随願寺へ。
      今まで知らなかったが、このお寺は国の重要文化財もある名刹らしい。  
   
      随願寺から山上駐車場前を通って広峰神社に向かう。立派な案内標識があるので迷うことはない。  
   
      アップダウンは少ないが、展望もない照葉樹林帯の道を約40分歩いていく。  
   
      11時20分:広峰神社に到着し、休憩所があったのでここで昼食休憩。  
   
      休憩所から南側に展望が広がり、修理中の姫路城も見渡せた。  
 
      11時50分:歩いてきた道を引き返すと、30分ほどで西尾根コースとの分岐地点に戻る。 
   
      東尾根と同じような尾根道を下りていき、東尾根と同じく 鉄塔のところまで来ると展望が開けた。 
   
      ただし、東尾根と違って、西側には山陽自動車道と広峰山が見える。12時50分:登山口に下山。  
   
      帰りに高木橋付近から振り返ると、歩いてきた尾根が見渡せた。  
 
      この山は常緑樹林の平坦な尾根道が続き、眺望できるポイントは少ないが、替りに神社仏閣廻りが出来るので、
      山上の散策道と考えれば結構楽しく歩ける山だと思う。
 
 2014/4/18 
   
  播磨の山へ