禅師山434m 

      宍粟市山崎町     ROUTE

      中国自動車道山崎インターから南下して、県道26号から80号に入って戸原小学校前へ。

      2013/2/17 曇り   MAP 

      コースタイム 登り 登山口‐(50分)‐尾根‐(20分)‐山頂                       合計 1時間10分
               下り 山頂‐(15分)‐谷コース分岐‐(50分)‐登山口                  合計 1時間5分

       南山下山後、戸原小学校前の禅師山登山口へ。

      駐車スペースを探すと、休日のため保育所前の広場が空いていたので、ここに停めさせてもらい、昼食も済ませた。 
   
      11時55分:登山口を出発。忠霊塔の右手すぐにある獣よけ扉を開いて入っていく。 
   
      すぐに尾根コースとの分岐標識が出てくるが、直進して禅師谷コースを進み、鳥居の前を通って行く。  
   
      しばらく歩くと谷筋の道になり、指導標に従って歩いていくが、自然林の明るい道なので気持ちがいい。  
   
      12時45分:尾根筋に上がると、「左戸原小学校 右禅師山」の標識が現われるので、右に進む。
      5分ほど歩くと、安富町への分岐標識が現われるので、ここも右に進む。 
   
      廃寺跡を通り、5分ほど歩くと反射板に突き当たる。
      左手のほうが標高が高いので登って行くと、何故か山頂は右手の低い方だった。 
   
      反射板の横から見下ろすと、山崎町の山並みと市街地が見渡せた。(結局、ここからの眺望が一番良かった。)  
      13時5分:反射板から5分歩くと、樹々の間からしか見晴らせない山頂に到着した。  
   
      13時20分:下山開始。禅師谷コースとの分岐まで同じ道を戻り、分岐を真っ直ぐ歩いて尾根コースへ進むと、
      こちらも自然林の気持ちのいい道が続いていた。  
   
      途中、右手に大きく蛇行した揖保川が迫って見えた。  
   
      禅師谷コースと合流し、14時25分、登山口に帰着した。 
   
      殆ど眺望がない山だったが、谷コース、尾根コースとも明るい自然林の気持ちのいいコースだった。       
   
  播磨の山へ