三久安山1123m

     宍粟市波賀町道谷    ROUTE            

     国道29号線を北上し、音水湖を過ぎてから右折して県道48号に入り、道谷集落を過ぎると小さな「藤無山」の標識が
     現れるので、そちらに右折する(細い道だが県道521号)。初めは舗装されているが、途中からダートになる。
     ダートな道を少し上がると「藤無山登山口」の標識が現れる。取り付き点はここから歩いて約10分なので、ここに駐車
     してもいい。三久安山の取り付き点にも2〜3台の駐車スペースはある。      

     2014/10/28  晴れ   MAP     

     コースタイム 登り 駐車地点-(10分)-取り付き点-(40分)-1067p-(70分)-山頂      合計 2時間
              下り 山頂-(60分)-1067p-(30分)-取り付き点-(10分)-駐車地点      合計 1時間40分

     三久安山北尾根は、以前から紅葉時期に歩こうと思っていた。
     10月下旬に狙いを定めて日を設定し、IHさん、Hさん、Fさんと4人で出発。  

     10時:藤無山登山口前の空地に駐車して取り付き点に向かう。
     すでに標高は870m地点なので山頂までの高低差は250mしかない。
     10分ほど歩いて取り付き点に着くと、入口に車が停まっていて、ススキが伐採されていた。
     11月末まで工期の標識があり、どうやら植樹やフェンスを設置するらしい。
   
     ススキが刈られた作業道を歩いていき、途中で尾根に取り付く。  
   
     しばらく伐採地の尾根を歩いて行く。  
   
     前方左手には目標の三久安山が見える。  
  
     振り返ると藤無山がいい姿を見せている。  
  
     樹林帯に入ると、直ぐに紅葉の道になった。  
   
     次第にブナの木が増えていき、転換点の1067mピークを過ぎると、巨木の森になっていく。  
  
     時々見上げてみる。       
   
     一度下り、今度は1012mピークに向かって、鮮やかな色彩に彩られた、落ち葉でフワフワの絨毯道を登っていく。
     勾配も適度なので、散策気分で歩ける。  
  
           
  
     山頂近くの樹林が薄いところから藤無山が見えた。これがほとんど唯一の見晴だった。  
  
     12時:山頂に到着。穏やかな日差しの中でランチタイムを楽しみ、12時50分から下山。  
   
     同じ道を引き返したが、逆向きは違った景色に見える。  
  
     巨木の森も、下りよりも登りの方が迫力がある。  
  
     14時30分:駐車地点に帰着。

     ハイキング気分で紅葉が満喫できた一日だった。 
   
  2009/5/19    2009/11/6  2012/1/18  2016/5/11
   
  播磨の山へ