植松山1191m

     宍粟市千種町岩野辺   ROUTE

     国道29号線を北上し、羽賀町斉木口信号を左折して国道429号線に入り、鳥ヶ乢トンネルと抜けてしばらく進むと
     植松山登山口の標識が現われるのでここを右折し、獣避け扉を開いて林道を上って行く。ダートな道を登りつめると
     車5台ほど駐車できる広場と登山口の標柱が現れる。 

     2014/11/15 曇り      MAP     

     コースタイム(周回)  登山口-(90分)-山頂-(30分)-小河内の滝-(45分)-登山口         合計 2時間45分

     ダートな道を上り詰め、登山口に到着。標高は570m。
     9時50分:登山口を出発。  
   
     宍粟の山の例に漏れず、植樹林の急坂を登っていく。 
     10分ほどで尾根コースと谷コースとの分岐点になったので、尾根コースをすすむ。 
   
     50分ほど登ると左側に展望が開け、日名倉山が見渡せた。ここが尾根コース唯一の展望地だった。  
   
     山頂近くまで植樹林が続き、一瞬、自然林の庭園風の空間が現れ、直ぐに植樹林に戻る。  
   
     11時20分:山頂に到着。  
   
     山頂は南から東側に大きく展望が開け、東側は段ヶ峰まで見渡せた。  
  
     南側には形の良い黒尾山と、その左肩には七種山も見えていた。  
  
     12時15分:眺望を楽しみながら昼食し、谷コースを下山。  
   
     20分ほど植樹林の急坂を下ると沢筋になり、少し下ると「小河内の滝」の標識が現れる。 
   
     沢を少し上るとなかなかいい感じの滝が現れた。 そして、沢沿いの道は黄葉の道になっていく。
    
     鮮やかに彩られたいい雰囲気の道を下っていく。  
   
     時々紅色も現れる。       
   
     13時25分、尾根コースと合流し、13時30分、駐車地点に帰着した。  
   
     帰路に国道429号の鳥ヶ乢トンネル手前でちょうど山頂を仰ぎ見れるスポットがあったので、車を止めて写真を写す。 
     登りの尾根コースは植樹林の単調な道だったが、紅葉の谷コースが秋を感じさせてくれた。
     山頂は開放感があり、眺望が素晴らしかった。
   
  2006/6/22   2016/11/23
   
  播磨の山へ