木曽駒ヶ岳2956m 

     長野県駒ケ根市        ROUTE

     中央自動車道駒ケ根インターから県道75号に入り駒ケ根高原菅の台バスセンターへ。
     バスセンターから登山連絡バスと駒ヶ岳ロープウエイで千畳敷へ上がる。  

     2007/9/23 曇り        MAP

     コースタイム   登り  千畳敷―駒ヶ岳頂上  1時間10分
                下り  駒ヶ岳頂上―千畳敷       50分 

     木曽駒ヶ岳は標高2650mの千畳敷カールまでロープウエイで登れるので、頂上まで300m登るだけである。

     千畳敷カールは、夏のお花畑と秋の紅葉が美しく、従って今はその狭間の時期なので登山者は少ないだろうと
     思って行ったがとんでもない。
     連休中の勢だろうが、駐車場のある菅の平からロープウエイ駅のあるしらび平までのシャトルバスは朝6時から
     臨時運行。ロープウエイは6時40分から臨時運行し、通常は20分間隔の運行が、9分間隔でピストン運行していた。

     前日、このことを確認し、天気も下り坂なのでこの始発に乗ることにした。

     朝5時30分に伊那市の宿舎を出発。空は曇っている。国道153号を駒ヶ根市に向かって南下していくと、右手に雲に
     覆われた山が見える。どうやら駒ケ岳は雲の中のようだ。気持は沈んでしまったが行くしかない。
     駐車場に着くとすでに多くの車で埋まっていた。
     何とか6時のバスに滑り込み、6時30分にしらび平に到着。  
   
     6時40分の始発のロープウエイで千畳敷へ。
     7分30秒で1000mを駆け上がるが、雲の中で景色は見えない。  
   
     千畳敷につくと、幸いにもそこには雲はなく、素晴らしいカールの景観が目の前に広がっていた。
     花はほとんど終わっていたが、夏に来れば確かに壮観だろうと思えた。 
 
 
   
   
   
     7時20分:登山開始。急登の登山道は人が数珠つながりだ。
     7時50分:カール上部の乗鞍浄土に到着。 
   
     乗鞍浄土から中岳をアップダウンし、40分で2956mの駒ケ岳頂上へ。
     残念ながら雲の中で眺望はできなかった。 
   
 
   
     うかうかしていたらロープウエイが2時間待ちになりそうなので早々に引き返したら、
     10時の便に待たずに乗れた。
     花や紅葉の季節はもっと素晴らしいだろうが、人ももっと多いだろう。
     気軽に行ける景勝地の宿命と割り切るしかない。 
   
2007/9/22御嶽山  2007/9/23霧ヶ峰  2007/9/24蓼科山  2012/7/26-28(木曽駒ヶ岳−空木岳) 
   
  中央・南アルプスへ