南池山66m-伊保山

     高砂市阿弥陀町南池    ROUTE

     姫路バイパス高砂北ランプから、JR神戸線南側の阿弥陀町南池の高砂児童学園前まで車を進めると、裏手に広い
     空地がある。           

     2020/7/8 曇り     MAP     

     コースタイム 駐車地点-(5分)-登山口-(10分)-標識-(10分)-南池山-(15分)-青池-(25分)-伊保山
              -(15分)-下山口-(5分)-駐車地点                             合計 1時間25分

     先日、宝殿山から伊保山へのルートが分らなかったので、今回は南池山から伊保山を目指すことにした。
     15時55分:駐車地点を出発。   
   
     16時:登山口。数年前に住民参加型森林整備事業で整備された道を登っていく。  
   
     16時10分:正面に伊保山が見える尾根に上がると、左手に南池山への案内標識があった。  
   
     標識の奥に行くと眺望が開け、城山と飯盛山が見渡せた。  
  
     南池山への道はしっかりしている。  
   
     10分で南池山に到着。  
   
     正面が開けていて、高御位山への稜線が連なっていた。  
  
     同じ道を引き返して伊保山に向かう途中、青池を見下ろす所に赤テープが巻かれていたので、そこを下っていく。  
   
     40mほど下ると青池辺りに到着。ここにも登路入り口に赤テープを巻き付けてくれていた。  
   
     尾根に登り返し、高低差約20mの伊保山に登っていく。
   
     17時5分:伊保山山頂。正面にユーモラスなゴリラ岩が近い。  
   
     振り返ると高御位山山塊の山並みが連なる。  
  
     17時20分:南池山への分岐点に戻ると、「下山順路はこちら」の標識があったのでそちらに進む。  
   
                                           17時25分:南新池辺りに下山。  
   
     あすなろ学園前、児童学園前を歩いて、その裏手の駐車地点に戻った。  
   
     青池から伊保山へのルートが分かり、生石神社から宝殿山-伊保山-南池山を周回するルートが繋がったが、
     このルートで適度な山歩きが楽しめると思う。  
   
  2020/6/21(宝殿山-竜山)  2020/9/13(宝殿山-伊保山-南池山)
   
  播磨の山へ